GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

パンツァーショップ1/35 マークB中戦車(その5)

 パンツァーショップのマークB中戦車は、なぜか車体前面上部にあるリベット止めされた跳弾板が省略されています。

f:id:gumka:20191109122936j:plain

 実車の特徴でもあるのでプラ板で追加工作しました。

f:id:gumka:20191109123144j:plain

 これに関連して前面装甲板のリベット位置もおかしかったので削って植え直します。

f:id:gumka:20191109123517j:plain

 いろいろ問題のあるキットで手が止まると「もういいや」となってお蔵入りしそうなので、極力そのまま組む方針ですが、正面からの印象が、かなり変わってしまうので、ここは手を入れました。

アキュリット・アーマー1/35 BTR-60PB

 先週の土曜日、HJ誌のライターである青木周太郎さんが幹事で忘年会がありまして。宴もたけなわの頃、呉光雄さんが御自身のコレクションである往年のレジンキットを数名に配布し、「これは絶対に高田君が作ってね」と手渡されたのが懐かしのアキュリット・アーマー1/35 BTR-60PBでございます。

f:id:gumka:20191108142206j:plain

 寸詰まりだったVPトロフィモデルとは異なり、今でもプロポーションは説得力があります。裏を見ると1987年とモールドされており32年物でございます。

f:id:gumka:20191108142254j:plain

 来年の忘年会までに完成を約束しました。今こそ工房のどこかで埋もれているオン・ザ・マークのBTR-60用エッチングパーツを発掘し使うチャンスです。

 まずはキット付属のホイールは手作り原型のため形状や正円が今一つなのと、当時のアキュリット・アーマーの特徴で真空脱泡が完璧ではなく気泡があるので、今風のデジタル原型のレジン製ホイール入手からですね。

f:id:gumka:20191108142319j:plain

「BTR-60PBならトラぺからプラモが…」とか言う方がおりますが、そんなことは百も千も承知の上で作らねばならんのです。

パンツァーショップ1/35 マークB中戦車(その4)

 マークB中戦車の内側の側面装甲板部品は前後二分割になっており、前部部品の歪みと反りが強め。ここは車体本体と接するコアパーツだしディテールも少なめなので、矯正するより作り直した方が良いと考え、プラ板で新造しました。

f:id:gumka:20191107021558j:plain

 

 履帯の張度調整装置のカバーは実車とは形状やサイズが異なるものの外側の側面装甲板とモールドを揃えねばならず、ここはパンツァーショップの味と考えて、キットのまま再現しました。

f:id:gumka:20191107021654j:plain

 起動輪基部はキットのボルトのモールドは単調だったので、メリハリを強めにしました。

f:id:gumka:20191107021831j:plain

 

 工作自体は、さほど難しくなかったものの、装甲板の周囲の小さなリベット植えが老眼の還暦には苦行でした。

パンツァーショップ1/35 マークB中戦車(その3)

 マークB中戦車は外側の側面装甲板に着手。キットの部品は2/3くらいの位置で、二分割されているうえに、歪みと反りが強めだったので裏面に5mmのプラ棒をガチガチに接着して補正しました。

f:id:gumka:20191028022753j:plain

 作業中、つい実車資料を見てしまい、気付いてしまった箇所がありましたが修正するより、プラ板で新造した方が早い?という基盤部分だったので、ここはパンツァーショップの味と考えて、そのまま前に進みます。

 

 キット付属の履帯パーツは、タミヤのマークIV用と比べると幅は大差ないものの、ピッチが全然違い、同じ枚数で比べると、こんなに長さが異なります。

 

f:id:gumka:20191028022954j:plain

 しかも、裏面にあるはずのガイドのモールドなくツルツルです。

f:id:gumka:20191028023231j:plain

さすがに、これはタミヤ履帯を流用することにします。

カムカバー交換

 台風が通り過ぎた翌日、買い物に出たついでに、その辺を一回り。台風の後は道路が通行止めになっていたり、路上に落下物があったりするので、小回りが利くバイクが便利です。

f:id:gumka:20191020035049j:plain

f:id:gumka:20191020035122j:plain

 不幸中の幸いで自宅周辺は大きな被害もなく、折れた枝や飛ばされた看板などが路上にあった程度でした。

 

 小さなことですが、エンジンのカムカバーをノーマルの鍛造メッキ部品から後期のKATANAに使われている鋳造のペイントのものに変更しました。

f:id:gumka:20191020040048j:plain

f:id:gumka:20191020040101j:plain

f:id:gumka:20191020040118j:plain

 「あのメッキが80年代を感じられて良いんだ」と言う意見もありますが、私は昔から好きになれず、たまたまネットオークションで安価だったので落札し、交換しました。

パンツァーショップ1/35 マークB中戦車(その2)

 車体側面内側の装甲板は、この構造の戦車を組む上で重要なコアパーツにも関わらず、箱に収容する理由からか、キットのパーツは変なところで二分割されているので、プラ板で新造しました。

 

f:id:gumka:20191019194214j:plain

 非旋回式銃塔は、銃塔左右装甲板のサイズが違うなど各構成部品が微妙で、とにかく合いが悪い。あっちこっち削って調整せねばならず、形にするまでが一苦労でした。

f:id:gumka:20191019201131j:plain

f:id:gumka:20191019201208j:plain

 リベットのモールドも今一つで、しかも位置も結構適当ですが、全て削り落して修正すると絶対に完成しないので、そのまま進めます。

弥生軒の唐揚げそば(2個)

 千葉県我孫子市にデコイとか様々な木工小物を作っていた会社があり、そこに寄ると必ず連れて行かれたのが我孫子駅のホームにある弥生軒でした。

 巨大な唐揚げが乗った蕎麦が有名な駅そば店ですが、彼ら曰く我孫子に住む男達の男としての終わりは「勃たなくなったときではなく、弥生軒唐揚げそば(2個)が食えなくなったとき」だそうで、いい歳したオッサンたちが、ヒーヒー言いながら巨大な唐揚げが2個乗った蕎麦を食べ「俺達は、まだいけるぞ!」と意味のない怪気炎を上げており、それが馬鹿馬鹿しくて楽しみにしていました。残念ながら2017年に会社が廃業し、もう彼らと蕎麦を食べることはありません。

 60歳になった記念と彼らを偲んで、唐揚げそば(2個)に挑戦してきました。券売機で食券を買って出てきたのは、これまでにない巨大サイズの唐揚げ2個が乗っておりました。若い学生なら大喜びですが、還暦にはヤバいサイズ。

f:id:gumka:20191018015315j:plain

 お腹を空かせて行ったので何とか完食できました。固形物は全て胃袋に収容しましたが、さすがに汁までは飲み干せず。さすがに効きました。

 おそらく我が人生、最後の唐揚げそば(2個)だと思います。

パンツァーショップ1/35 マークB中戦車

 13日夜は台風が来たときの恒例行事、工房での不寝番だったので先日、発掘したパンツァーショップの1/35マークB戦車を組んでいました。

 実はこのキット、発売と同時に購入し組み始めた当時のバイトのY君が「どうしても車体が組めない」と言っておりまして。気になっていたものの、ずっと手つかずの代物でした。

 

f:id:gumka:20191013154410j:plain

 

 車体・銃塔共に無垢の塊ではなく、レジンの平板部品を組み上げます。大きな部品は歪んでいるので鍋で煮て修正し、組むときは裏打ちが必須です。私は5mmの角プラ棒を使いました。

 

f:id:gumka:20191013154505j:plain

 

f:id:gumka:20191013154706j:plain

 インストは完成写真に矢印で部品番号を指示したシンプルなもの。昔のレジンキットは、これがスタンダードでした。各部品の裏面には数個の凹点があり、部品を接着するときは凹点同士の数を合わせれば方向が定まるようになってます。

 

f:id:gumka:20191013154538j:plain

 

 ところが、この凹点が曲者での前部底板(R14)の凹点モールドが、あろうことか前後逆になっており、ここを凹点数で揃えると組めなくなります。

 

f:id:gumka:20191013154635j:plain

 上の写真のように3個と5個の凹点を無視して前後逆に接着するとちゃんと車体になりました。

f:id:gumka:20191013154727j:plain

 Y君、こうすれば、ちゃんと組めるよ!って、多分、もう手遅れだよね…