GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

パンツァーショップ1/35 マークB中戦車(その5)

パンツァーショップのマークB中戦車は、なぜか車体前面上部にあるリベット止めされた跳弾板が省略されています。 実車の特徴でもあるのでプラ板で追加工作しました。 これに関連して前面装甲板のリベット位置もおかしかったので削って植え直します。 いろい…

アキュリット・アーマー1/35 BTR-60PB

先週の土曜日、HJ誌のライターである青木周太郎さんが幹事で忘年会がありまして。宴もたけなわの頃、呉光雄さんが御自身のコレクションである往年のレジンキットを数名に配布し、「これは絶対に高田君が作ってね」と手渡されたのが懐かしのアキュリット・ア…

パンツァーショップ1/35 マークB中戦車(その4)

マークB中戦車の内側の側面装甲板部品は前後二分割になっており、前部部品の歪みと反りが強め。ここは車体本体と接するコアパーツだしディテールも少なめなので、矯正するより作り直した方が良いと考え、プラ板で新造しました。 履帯の張度調整装置のカバー…

パンツァーショップ1/35 マークB中戦車(その3)

マークB中戦車は外側の側面装甲板に着手。キットの部品は2/3くらいの位置で、二分割されているうえに、歪みと反りが強めだったので裏面に5mmのプラ棒をガチガチに接着して補正しました。 作業中、つい実車資料を見てしまい、気付いてしまった箇所がありまし…

カムカバー交換

台風が通り過ぎた翌日、買い物に出たついでに、その辺を一回り。台風の後は道路が通行止めになっていたり、路上に落下物があったりするので、小回りが利くバイクが便利です。 不幸中の幸いで自宅周辺は大きな被害もなく、折れた枝や飛ばされた看板などが路上…

パンツァーショップ1/35 マークB中戦車(その2)

車体側面内側の装甲板は、この構造の戦車を組む上で重要なコアパーツにも関わらず、箱に収容する理由からか、キットのパーツは変なところで二分割されているので、プラ板で新造しました。 非旋回式銃塔は、銃塔左右装甲板のサイズが違うなど各構成部品が微妙…

弥生軒の唐揚げそば(2個)

千葉県我孫子市にデコイとか様々な木工小物を作っていた会社があり、そこに寄ると必ず連れて行かれたのが我孫子駅のホームにある弥生軒でした。 巨大な唐揚げが乗った蕎麦が有名な駅そば店ですが、彼ら曰く我孫子に住む男達の男としての終わりは「勃たなくな…

パンツァーショップ1/35 マークB中戦車

13日夜は台風が来たときの恒例行事、工房での不寝番だったので先日、発掘したパンツァーショップの1/35マークB戦車を組んでいました。 実はこのキット、発売と同時に購入し組み始めた当時のバイトのY君が「どうしても車体が組めない」と言っておりまして。…

T-34 レジェンド・オブ・ウォー

今月25日から公開予定の「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」の試写会へ。 野戦炊事車KP-42を牽引するGAZ-AAトラックから始まり、その後のT-34-76とIII号戦車との戦闘シーンは「これで一本撮ってくれ~!」と言いたくなる迫力。そして舞台は一気に1944年のドイ…

バッテリーが放電してました。

9月も終わろうとしているのに、まだ暑い日が続いていますが、カレンダー上は夏も終わったので久々にGSXに乗ろうとガレージから出しました。 スターターボタンを押すと、セルモーターは回るものの苦しそうな音を出して止まりエンジンが掛かりません。これはバ…

彼岸花 2019

いつの間にか芽が出て、ちゃんと御彼岸に花が咲いている不思議。 父方の祖父は、この花が好きで秋になると群生している場所に出掛けて眺めていました。かつては市川市にも沢山の彼岸花が咲く場所があり、子供の頃、一緒に連れて行ってもらいました。 戦争中…

はしもと みお彫刻展 

長女に勧められて、GINZA TANAKA本店(田中貴金属系列のジュエリー・アクセサリー専門店)のギャラリーで開催されている「はしもと みお彫刻展」へ。 ギャラリーには木彫りの猫や犬、羊、オランウータン、ワオキツネザル、アカミミガメ、イグアナなど多数が…

ハチワレ

見るときは、いつも畑の傍の乾いた雨水道の中です。交通事故にあうこともなく、猫としては安全に移動できるのでしょうね。 目がくまモンみたいです。

月刊モデルアート誌で御紹介いただきました。

現在、販売中の月刊モデルアート誌(2019年10月号)のBOOK REVIEWコーナーにて資料同人誌「ハンガリー陸軍 40/43.M 突撃榴弾砲ズリーニィ」を御紹介いただきました。 ありがたいです。

台湾エバー航空の機内食(台湾桃園ー成田)

前回に続いて帰国便の機内食の紹介ですが、今回はトラブルがあり、我々が台湾入りした翌21日からエバー航空の客室乗務員のストが始まり、多くの国際線のフライトがキャンセルに。現地では連日大きく報道されていたものの「帰国日までには解決するだろう」と…

台湾エバー航空の機内食(羽田ー台北松山)

アップするのを、すっかり忘れていましたが、今年6月に台湾にフィールド観察旅行に行ったときに乗ったエバー航空の機内食です。搭乗したのはエバー航空HND187便で羽田空港発ー台北松山空港着でした。台湾には何度か行っていますが、いつも桃園国際空港着で、…

謎の深夜の自転車

発端は先週の土曜日の晩飯後、横になったら爆睡してしまい、変な時間に目が覚めたことでした。仕方ないので仕事場で作業していたんですが、午前2時過ぎに気分転換と散歩を兼ねて、24時間営業のスーパーマーケットに買い物に行きました。 このスーパーに行く…

ズリーニィ本がメロンブックスでも販売開始

資料同人誌の「ハンガリー陸軍 40/43.M ズリーニィ突撃榴弾砲」ですが、 同人ストアのメロンブックスでも取り扱いが始まりました。 こちらも、ぜひとも、よろしくお願いします。

アーマーモデリング誌で紹介されました。

現在、販売中の月刊アーマーモデリング誌(2019年9月号)のBOOK REVIEWコーナーにて、資料同人誌「ハンガリー陸軍 40/43.M 突撃榴弾砲ズリーニィ」を御紹介していただきました。ありがたいことです。

徳之島 野外観察旅行

8月1日から4日まで夏季休暇をとり、奄美群島の徳之島に行ってきました。これまで何度か訪問したことのある徳之島ですがオフシーズンの冬ばかりで、夏に行くのは初めてです。 今回も6月に台湾に行った野外観察のベテランの方々+1組の御夫婦と御一緒させてい…

伊藤ウロコの長靴

8月1日(木)から4日(日)まで夏季休業で、南の島(もちろん、国内)で命の洗濯をさせていただきます。 んで、旅行に備えて、豊洲市場の水産仲卸売場棟4階にある老舗長靴店「伊藤ウロコ」に行って、約1万円のゴム長靴を買ってきました。 6月に行った台湾の…

ワンフェス2019夏

28日は、幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバルへ行きました。今までディーラーや企業ブースのサポートで参加してきましたが、今回は普通の御客さんとして会場へ。 事前に模型店でガイドブックを買って、目ぼしいアイテムをマークして、会場の各ブー…

ズリーニィ資料同人誌、販売中

発端は去年の4月、模型店時代のお客さんだったYさんから「ズリーニィの資料本、GUMKAでやりませんか?」と提案されたことでした。 その後、Yさんからハンガリーの研究家コヴァーチュハーズィ・ミクローシュさんの原稿が届き、読んでみると非常におもしろく…

烏来の猫

台北郊外の烏来の猫は、台北辺りの猫と違って、顔が小さくて耳が長く、脚も尻尾も長め。生物観察のために夜道を歩いているとき、いきなり出てきた野良猫は、特に耳が長くて「山猫?!」と一瞬、勘違いしたほどでした。 早朝、街を歩いていたらアパートの玄関の…

烏来にて

台湾には多くの原住民が住んでいますが、その中でも2番目に人口が多いのがタイヤル族(泰雅族)で、日本でも有名なビビアン・スーさんのお母さんもタイヤル族の出身です。 彼らが住んでいる烏来(ウーライ)の街は台北郊外の温泉地で、台北からバスに乗るだ…

台湾旅行

6月20日から23日まで台湾に行ってました。模型絡みや仕事ではなくフィールド観察の達人の方々に付いて行って、様々な生物(今回は主にカエル)を見てきました。 日本では、あまり報道されていなかったようですが、今回、台湾のエバー航空を使ったところ、…

人の記憶というものは

歴史の中で人物や事象の評価は、体制や時代によって変わり、英雄が悪人になったり、暴動や動乱と呼ばれた衝突が革命となったり、その逆も、またしかり。 個人の思い出も同じで、当時は腹立たしくて仕方なかったことが、今では笑い話になったり、若い頃の何気…

ハンガリー陸軍 突撃榴弾砲 ズリーニィ

「ハンガリー陸軍 突撃榴弾砲 ズリーニィ」を自費出版本する予定です。 第二次大戦中のハンガリーAFVで最も成功したと言われるズリーニィ突撃榴弾砲 の開発史と構造の解説、戦場写真、ロシアに残る実車の細部写真、車内のカラー写真、新考証に基づくカラー塗…

35年ぶりの再会

先週の土曜日、JR総武・中央線の秋葉原駅から電車に乗って立っていたら、目の前の座席の乗客が、ずっと私の顔を見ています。年代的に同世代ですが模型業界の知人や模型店時代の御客さんではありません。 そのうち、目的の市ヶ谷駅に到着したので降車すると、…

桜が満開

南流山は都心より気温が低いからか、今年の桜の満開は先週の木~金曜辺りでした。 週末から寒いので、しばらく花を楽しめそうです。