GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

バンビーンOCR1000

再生産されたOCR1000は登録できるのか?その2

国土交通省に連絡するきっかけは、以前、私がクラウドファンドで1/12 OCR1000の模型の開発資金集めを呼び掛けたときに応募してくれた元バイクメーカーの方でした。OCR1000のことは漫画「熱風の虎」で知った世代で、バイク雑誌に復活の記事が掲載されたときは…

再生産されたOCR1000は登録できるのか?その1

今年8月、ロータリーバイク「OCR1000」を生産しているオランダのOCRモーターズの代表者であるロータリーマイスターこと、アンドリース・ヴィエリンガ氏よりメールが届きました。 「自分のバイクを1~2台でいいから日本でも売りたい」 「適切な販売代理店…

公募終了から一週間

OCR1000クラウドファンド終了から早くも一週間が経過しました。 そもそもアイテムのレア過ぎと、OCR1000を知っている年齢層と クラウドファンドを活用する年齢層が乖離していたこと、 プラモデルメーカーの新製品を見ればわかるように、 バイク模型の中心購…

【クラウドファンディング、終了しました】

【クラウドファンディング、終了しました】 この度は71名の皆様に御支援をいただき、誠にありがとうございました。 残念ながら私の頑張り不足で、プロジェクトは不成立となりましたが、 皆様から頂戴した御支援と応援のメッセージは、決して忘れることはあり…

【クラウドファンディング、今夜11時が締切です】

【クラウドファンディング、今夜11時が締切です!】 日本のクラウドファンド史上初のバイク模型開発のための支援公募です。 世界初!幻のロータリーバイクの複合素材模型を開発したい! いよいよ今夜11時で終了です。 皆様からの御支援、ギリギリまでお待ち…

【OCR1000公募、残り3日となりました!】

【クラウドファンディング、残り3日となりました!】 日本のクラウドファンド史上初のバイク模型開発のための支援公募です。 プラモデル化はあり得ない1970年代のロータリーバイク 「バンビーン OCR1000」を複合素材で再現します。 支援の金額は3000円から…

【クラウドファンディング、残り5日となりました!】

【クラウドファンディング、残り5日となりました!】 今年の静岡ホビーショーも大盛況のうちに幕が降り、 血中模型度の数値が急上昇したモデラー&模型業界の皆様、 日本のクラウドファンド史上、初となるバイクのキット化支援は如何でしょう? プラモデル…

【クラウドファンディング、残り9日となりました】

【クラウドファンディング、残り9日となりました】 模型業界的には今日から週末まで、 静岡ホビーショーで盛り上がりまくっていますが、 どうかOCR1000模型化プロジェクトのことも、 一日の終わりにでも、ちらっと思い出してやってください。 公募終了まで…

ダメ出しされる

昨日、READYFOR?の担当者から電話があり、 ダメ出しをされました(泣) 「アクセス数は、すごく多いのに、どうして支援が伴っていないんですか!」 その理由を地球上で一番知りたいのは俺自身だな、うん。 過去データから判断すると、余裕で達成できるアクセ…

公募終了まで二週間余

OCR1000プロジェクトの公募終了まで15日余、 泣いても笑っても、あと二週間+数日で結果が出ます。 このプロジェクトは、一応、開発費の支援公募という形になっていますが、 支援金額の区分を御覧いただけるとわかるように、 実質的には事前予約です。 海外…

公募終了まで、あと一ケ月!

公募終了まで、あと一ケ月となりましたが、 OCR1000模型化支援プロジェクトの達成金額 が 150万円を越えました。 御支援をくださいました皆様、 本当にありがとうございました。 READYFOR?のキュレーター(担当者)から報告ですが、 通常であれば公募期間の…

模型雑誌二誌に紹介されました!

2月末から始まったプロジェクト支援の公募も1ケ月余が過ぎましたが、 先日、皆様の御蔭で達成金額が100万円を越しました。 一つの目標をクリアーして安堵しておりますが、 まだ目標金額には程遠いので、気を緩めることなく、 引き続き頑張っていきます。 今…

達成金額が100万円を越えました。

バンビーンOCR1000模型化支援プロジェクトの 達成金額が100万円を越えました。 御支援をくださいました皆様、 本当にありがとうございました。 目標金額までは、まだまだ遠いので、 引き続き皆様からの御支援及びにFacebookでの「いいね」、 Twitterでのリツ…

途中経過と御礼

先月27日から始まった OCR1000模型化支援公募 ですが、 御蔭様で、目標の13%に相当する金額の御支援をいただきました。 引き続き、主旨に御賛同頂ける皆様の御支援並びにFacebookでのシェアや Twitterでの拡散などの御協力をいただければ嬉しく思います。 …

塗装済み完成品はラグにゃんさん!

プロジェクトの支援公募が始まった4日目に、 目標金額の10%を越えました。 御支援を頂きました皆様、ありがとうございます。 この調子で、少しづつ目標に近づければと思います。 さて今回も、OCR1000模型化プロジェクトに関わる人物を御紹介いたします。 GU…

細密画家の栗原大輔氏

27日からOCR1000模型化プロジェクト が公開されましたが、 早速、20名以上から御支援をいただき、ありがとうございます。 今回のプロジェクトで、支援御礼の記念品の中で、 御礼状、クリアーファイル、マグカップには、 細密画家である栗原大輔氏による描き…

本日、支援公募が開始されます。

本日20時頃、READYFOR?のHPに 「バンビーンOCR1000の複合素材模型を開発・販売したい!」が公開されます。 ぜひ、アクセスいただき、主旨に御賛同いただける場合は、 御支援の検討を、よろしくお願いいたします。

モデルグラフィックス誌で紹介されました

月刊モデルグラフィックス誌最新号の 巻頭記事MGヘッドラインにて、クラウドファンドによる OCR1000の開発費支援公募の記事を掲載いただきました。 公募開始は、いよいよ今月末から! 主旨に御賛同いただける皆様の御支援をよろしくお願いいたします。

READYFORでの支援公募開始が間もなくです。その2

さらにOCR1000の模型化には追い風がありました。 模型化するにあたり商標などがどうなっているかを調べたところ、 現在、OCR1000に関する権利を所有しているのは、 2012年にオランダに発足したOCRモータースでした。 同社は残存していた当時の部品を全て購入…

READYFORでの支援公募開始が間もなくです。その1

以前にお知らせした1/12 バンビーンOCR1000の模型化支援公募ですが、 クラウドファンド会社READYFORにて、間もなく公開されます。 バンビーンOCR1000というバイク 1960年代に次世代の自動車エンジンとして登場したロータリーエンジンは多くの技術者を魅了し…

二度目の取材

OCR1000の二度目の実車取材に行きました。 オーナーの牛山さんの御厚意で外装を外し、 ストリップ状態にしてもらえた御蔭で、 フレームのダウンチューブが左右非対称だったり、 エンジンが、やや右に偏心した状態で、 フレームに搭載されているなど、 驚くべ…

READYFOR

バンビーンOCR1000のキット化プロジェクトですが、 クラウドファンドのREADYFORにて、 支援者を募集することになりました。 支援者の募集開始は2月からの予定で、 現在、掲載文の詳細を煮詰め中です。 詳細が決定しましたら、また御報告させていただきます。…

まずは第一歩

バンビーンOCR1000のフレームの叩き台となる図面が完成しました。 まずは、企画実現への第一歩です。 これから細かい修正を行い、細部を描き込んでいきます。 もともとは自動車用だった水冷ロータリーエンジンを載せるだけあって、 前作カワサキ750ssと比べ…

クラウド・ファンド

GUMKAミニチュアでは、1/12スケールで 「バンビーンOCR1000」の模型開発の準備を進めています。 国内にある実車の取材の目処はつき、 商標権を所有するオランダのOCRモータースから、 模型化の許諾も下りましたが、次の課題となるのが開発費です。 カワサキ7…

カウスペースに行きました。

OCRモータースから模型化の許諾が下りる前、 香港から帰国した直後、仕事仲間の岡田さんと一緒に、 東京都世田谷区にある二輪車専門店「カウスペース」へと行きました。 こちらは、バンビーンのオーナー様である牛山宙幸さんが 経営するお店で店内に実車が鎮…

キット化の許諾

バンビーンOCR1000キット化の前提として、 商標とか権利がどうなっているのか調べてみました。 オランダ人実業家のHendrik Van Veen氏(愛称ヘンク)は、 ドイツ製のクライドラー・モペットの輸入代理店「Van Veen Import BV」を興して財を成し、 1965年以降…

悩ましい…

採寸と細部撮影ができる実車の目処は立っています。 仕事仲間の岡田さんも図面引きをOKしてくれました。 幸か不幸か、プラモデル開発の仕事がなくなったので、 時間的な余裕はあると… H2ほど売れないのはわかっているんですよ。 まあ、商品として世に出すか…

旧車天国

23日にお台場で開催されたイベント「旧車天国」に行きました。 コブラ427がいたり ポインターがいたり シュタイヤー1500がいたり、 なんでもアリのイベントでしたが、個人的に最大の収穫は、 4車種しか存在しない市販ロータリーバイク中、 Van Veen OCR100、…

ロータリーバイク Van Veen OCR1000のカタログ

長年、欲しかったロータリーバイク Van Veen OCR1000のカタログを入手しました。 う~ん、幸せだぞ~! 実車はどこをどうやっても、絶対に買えないからね。 A3二つ折のA4サイズで、裏表も入れて、計4ページ。 画期的なエンジンのバイクなので、エンジン…

バン・ビーンOCR1000復活!

別冊モーターサイクリストの最新号に衝撃的なニュースがありました! 1970年代に僅か38台で生産を終えたオランダ製ロータリーバイク(生産工場はドイツ)、 バン・ビーン(ヴァン・ヴィーン)OCR1000が再生産されるそうです。 ブランドとロゴの…