GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

野戦炊事車

ソ連の野戦炊事車PK

以前に 御紹介したソ連の野戦炊事車PK ですが、諸々ありましたが、ようやくレジンキットを発売できることになりました。 当初は手流し量産で、ワンフェス会場にて30個売り切り販売するつもりでしたが、あっちこっちから欲しいという声があったので、レジン注…

K300改め野戦炊事車PK

発端は今から約35年、パウル・カレルの東部戦線の写真集 「Unternehmen Barbarossa im Bild」に掲載された1枚の写真でした。 おそらく、日本で公開された最初のソ連の野戦炊事車の写真だと思います。大半のモデラーは気にもしなかったでしょうが、東京都大田…

これは間に合わないパターンか?(泣)

収納箱は完成しています。 本来なら、1月末で原型が全て出来上がって、 2月1日からシリコン型を作って、3日頃から量産開始。 併行してインストを作って…てな予定だったけど、 こういう時に限って本業が忙しい。 全然、時間が足りない(泣)

持つべきものは友

28日から春節(旧正月)のため香港方面の仕事がしばし休戦となるので、 遅れに遅れたワンフェスの用意を。 今年は自社製の新製品を出せるか微妙な雰囲気が… 27日に記事にしたエッチングの寸法指示図を 「これだけで、何だかわかるモデラーはいないだろう」と…

エッチングの寸法指示図

大半のモデラーは興味ないけど、欲しい人にはたまらんアイテム。 その製品に必要なエッチングの原図を描いてもらうべく、 寸法指示図を用意します。 実車ではパンチングボードなので、 ちゃんと孔の数が合うかどうかを確認すべく、 方眼紙に手描きを。 こう…

KP-41用エッチング指示書の製作

生産数50個で、夏のワンフェスと直販サイトのみで販売予定のKP-41ですが、 ちゃんとエッチングパーツもセットされます。 今回は、東北AFVの会の幹事の一人である古村さんから御紹介いただいた 新規の国内業者さんに依頼することにしました。 いつものように…

ソ連の野戦炊事車KP-41

今夏のワンフェスにてソ連の「野戦炊事車KP-41」を発売予定です。 生産個数は50個のみ。ミニアートのKP-42用の改造パーツで調理釜本体、 煙突がレジン製でフェンダーなどがエッチングパーツです。 まだ最終的なコストが判明していないため、価格未定ですが、…

野戦製パン車KhPK-50/-50M/-50M2

以前から各国の野戦炊事車には興味があり、 2006年にHJ誌別冊のMMM No.18にて、 ソ連軍の野戦炊事車KP-42を作りました。 当時は、まだウクライナのミニアートからプラモデルは出ておらず、 スクラッチでした。 そのときに資料を読んで野戦製パン車の存在を知…

久々の戦闘糧食I型

数年ぶりに自衛隊員用の携行缶詰「戦闘糧食I型」を食べました。 昔は配給され、食べなかった未開缶は持ち帰って、 保存食や自宅の非常食にしても良かったそうですが、 少し前に、ミリ飯ブームがあり、転売する輩が相次いで、 ここ最近は、管理が厳しくなっ…

野戦炊事車KP-42のプラモデル

昔から軍隊が使う野戦炊事車には興味がありました。 戦車や戦闘機、自動車同様、お国柄が出るうえ、 性能が即勝敗に結びつく戦闘兵器ではないので、 更新されず長い期間使われます。 1982年のフォークランド紛争時には、ロンドン市内の 帝国戦争博物館に…