GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

フォード・トーラス

イメージ 1

南流山や新松戸は内外の中古車店が多い関係からか、
国産・輸入車ともに市川で見たこともない車が沢山います。

このフォード・トーラスも、すぐ近所の駐車場にいます。
写真ではわからないと思いますが、結構、大きな車で、
狭い道が入り組んだ市川だったら行動が制限され、
難儀しそうです。

細目ライトで、もっとおとなしいデザインだった先代は、
ワゴンであれば、ロングボードが車内に収納可能だったので、
変わった車に乗りたいサーファーが御用達でした。

90年代の外房や湘南の海岸では、
なぜか御約束で、明るいメタリックブルーの、
先代トーラス・ワゴンを、かなり見かけましたが、
モデルチェンジして、写真の爬虫類顔になってからは、
人気急落し、まず見ない珍車に。

私は同世代の欧州フォードのモンデオに乗っていたことがあり、
一度、修理に出したときの代車が、このトーラスのセダンでした。
米国フォードの車らしい、柔らかいサスペンションと、
広い車内、座り心地の良いシート、質素極まりないインパネ、
チープなスイッチ類など異文化を堪能しました。

高速道路の長距離走行では、モンデオだと堅めのサスペンションの御陰か、
操縦している感が強く、走るのが心地良いのに対して、
トーラスは、まるでソファーに座って、TVゲームをやっているような感覚で、
欧州と米国の長距離走行に対する根本的な考え方の違いを感じました。

私は、この顔は決して嫌いではないので、
このデザインで、旧型モンデオ並みのサイズと、
堅めのサスペンションの車があれば最高なんですが。
まあ、今のフォード、会社自体が大変そうなので、
無理でしょうね。