GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

台湾エバー航空の機内食(台湾桃園ー成田)

 前回に続いて帰国便の機内食の紹介ですが、今回はトラブルがあり、我々が台湾入りした翌21日からエバー航空の客室乗務員のストが始まり、多くの国際線のフライトがキャンセルに。現地では連日大きく報道されていたものの「帰国日までには解決するだろう」と楽観的に考えていました。
 
 帰国前日、ホテルに旅行代理店の台北支店から搭乗予定だった「台北松山ー羽田」便がストの影響でキャンセルになり「台北(桃園)-大阪(関空)」便に振り替えたというFAXが届きました。
 
 今回の参加者は全員が関東地方在住で「なぜに関空?!」と大困惑でしたが、旅行代理店の支店と相談しても、どうにもならず。翌日、桃園空港のエバー航空のカウンターで、成田便に変更できないか直接交渉することに。たまたまカウンターの重盛さと美似のお姉さんが優秀で頑張ってくれ、なんとか成田便への変更がOKとなりました。
 
 今回、嬉しかったのは渡された搭乗券が硬券だったこと。いつ頃から変更されたか覚えていませんが、最近は、ペラペラのレジ紙に印刷された搭乗券になったので、見るのは久しぶりです。こっちの方が旅情があって、断然良いですが経費節約が唱えられる昨今、叶わぬ希望なのでしょうね。

f:id:gumka:20190901011649j:plain

エバー航空の搭乗券

 

 帰国日の台北は生憎の雨で、桃園空港も結構、激しく降っていました。

 

f:id:gumka:20190901012452j:plain

 客室乗務員はスト中なのに機内サービスはどうするのだろうと思っていましたが、普段は客室乗務員の教官とかやっていそうな手際の良さが目立つベテランっぽい方と、たまたま搭乗便はANAとの共同運航便だったためか日本人客室乗務員の姿が目立ちました。
 
 機内食サービスの始まる前、客室乗務員ストのためメニューが変更となり、食後のドリンクサービスもないとアナウンスされました。
 メニューは一種類のみで、中華風ソースを絡めた鳥肉炒めと温野菜の付け合わせ、酢の物、パン、シナモンケーキ、フルーツ、バター、パック入りジュースという内容でした。
 

f:id:gumka:20190901013341j:plain

 

f:id:gumka:20190901013459j:plain

 
 
 食後のコーヒーが飲みたかったですが、ドリンクサービスがないので仕方ないです。関空ではなく、無事に成田に帰れたことを吉としましょう。