GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

シート補修とH2C用タンクとテールカウル

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨日の続きで、シートを何とか補修しました。
いつもどおりタミヤのエポパテを使っておけば、無駄な手間いらずでしたね。

何で、こんな大事な部分に、いきなり未知の素材使ったんだっけ?と、
思い出してみたら、まだ模型店をやっていた頃、
模型誌のライターが来店して、デューロパテを、
とにかく絶賛していたからでした。

「話半分としても、そこまで言うなら、仕入れて使ってみよう」
となったのですが、今後、この人が記事で新しい塗料だの、
パテだのを褒めていても、もう、アテにはしません。
人を見抜けないと、結局、災いは自分自身に降りかかります。


さて、以前、「捜しています。御協力を」のカテゴリで、
H2B共々、取材可能な実車を捜しておりましたH2Cですが、
なんと、タンクとテールカウルが、ヤフオクに出品されていました。

資料が何もないよりは良いだろうと、開始価格で入札したところ、
さすが、750SSシリーズ中、最も不人気車種とあって、
入札数1で、あっさり落札。

昨日、手元に届きましたが、今、製作中のH2とは、
とても同一シリーズのバイクとは思えぬデザインです。

昨年、転職をして、広島に引っ越してしまった、
元バイク店のメカニックだったIさんが、

「H2Cは、エヴァンゲリオン初号機っぽいんだよね~」

と言ってましたが、パープル基調のカラーリングと言い、
細身でエッジが尖ったデザインと言い、実物を見て、
なんとなく納得。

ただ入手はしたものの、こんな不人気車種、派生型ながら、
発売して大丈夫なのか?と、不安が募ります。

イベント限定50~100個が一杯一杯でしょうね。