GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

なんでも屋のチュウさん

なんでも屋のチュウさん」を紹介してくれたのは、友人の中西氏。

 元某家電メーカーのサービスマンで、以前は回路設計をやっていた。退職後はリサイクルショップで働いていて、機械なら大概のもんは直せて、名前が忠博(タダヒロ)だから「なんでも屋のチュウさん」だそうです。自宅は、秘密結社の研究所のように、怪しげな機械や計測機器だらけ。もちろん独身。

 きっかけは携帯電話が壊れ、販売店に持って行ったら、「もう部品がメーカーにないから、修理不能」と言われたときでした。

中西氏の紹介で、手持ちのドナー機から、部品流用して修理してくれ、その後、21年前に買った自宅のクーラーが壊れたとき、中西氏に冗談で、壁から外してチュウさんに送れば、直してくれるかな?とメールして、そんなの無理だろが!というツッコミ返信を期待していたら、「メーカー名と型番と購入年を教えて」とマジな返信があり、まさかと思い送信したら、「チュウさんが直接、話したいそうなんで、ここに電話して」と。


 すぐに電話したら「その症状なら直せます。後ほど修理方法をFAXするので、御自身で挑戦してください」「1980年代の家電は、修理や再生を考えて設計されたメーカー良心時代の最後の製品です。だから必ず直せます」

「その機種は筐体を共通化し、ファンを回すモーターと熱交換機をモデルごとに変えていたんです。ただ初期生産品では、筐体にモーターを固定するアダプター形状に問題があって、アダプターがずれたり、摩耗すると、異音が出たり、止まったりします」

「もちろんメーカーでは対策部品を用意して修理していましたが、さすがに今は在庫が無いので、アダプターは御自身で加工してください」

その後、用意する物と分解修理のコツを書いたFAXが届いたので、ホームセンターに行き、指示されたゴムシート、両面テープ、ボルトなどを購入して分解に挑戦しました。

FAXの指示どおり、機種固有の隠しネジの位置や、触れてはイケナイ箇所に注意し、熱交換機を外して、モーター固定アダプターを取り出し、ラフな図面どおりに、加工して組み立てました。約3時間の作業後、半信半疑で電源をONに。あ、本当に直ってる!明らかに前より調子が良い!

さっそくチュウさんに報告し、何か御礼をと申し出ると「もう中西さんから、赤飯弁当と焼き鳥と缶ビールをもらったので、それには及びません」まさに平成の神です。

バブル時代、家電メーカーや商社が海外から輸入して売りまくった後、知らんぷりした家電製品、製造メーカーが倒産した町工場の生産設備、外車ディーラーがお手上げのイタリア旧車の電装、みんなチュウさん頼りだったそうです。

そんなチュウさんから電話がありました。先月末でリサイクルショップを辞めたと。

「私が得意とした80年代以前の家電や電動工具の二個イチ、三個イチ修理も、家電リサイクル法の影響で、ドナー機の入手が徐々に難しくなってきたうえ、昔は、気に入った製品であれば、修理してでも長く使ってくれる人が沢山いたのに、最近は、使えるのに新しく買うという方ばかりでね。もうお呼びでないと感じたもんで、思い切って辞めました」

「エコだの、リサイクルだの言いますが、製品をゴミにして金を取り、高いお金を掛けて材料に戻し、それを再利用して、その経費を消費者に転化する。お金は回ってますけど、そこに使われる消費エネルギーの総量を考えると、本当にエコなんですか?リユースの方がよほど環境に優しいと思いますが」

「メーカーの都合で、長く使えもしない物を乱発している国が、物作りの立国を名乗るとは、私には信じられません」

「まあ、しばらく休んで、温泉巡りでもします。」

「次の仕事ですか?実は、ちょっと考えていることはあるんですが、実現の目処がついたら、中西さんや、高田さんの手も借りたいので、そのときは御願いします」

環境やエコやリサイクルのことは、様々な意見があり過ぎて、何が本当なのか、頭の悪い私には、さっぱりわかりませんが、安易に物を捨てる社会が良いはずはありません。チュウさんには、ぜひ恩返ししたいので、こんな私で良ければ、何でも御用命ください。