GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

フレーム修正に伴う、タンクの形状見直し

先日、フレームを修正し、トップブリッジの位置を下げたので、
それに伴い、タンクとシート形状も見直す必要があります。

一度、形になったモノを再び直すのは、気乗りしないのですが、
ワンフェスには製品を積めるよう、作業に掛かります。

まずはタンクから。問題となるのは、上面の高さ。
思い切ってヤスリでガリガリ削ります。

もちろん、高さだけ変えて、OKにはなりません。
全体形状の見直し・再加工も必要です。

燃料キャップ基部は、5mm丸棒をパイプカッターで切って、タンク本体に接着します。
パイプカッターは構造上、3mm以下の丸棒はカットできないので、
滅多に使わない工具ですが、こういう時は、あると便利です。

イメージ 1




これが、修正前のタンクです。

イメージ 2

イメージ 3



こちらが、修正後の姿です。前回は、タンクの裏面は省略し、
溶接ラインも側面と前部だけでしたが、今回は、裏面をそれらしくして、
タンク後端の溶接ラインも追加しました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


タンクに合わせて、シートも修正になるので、引き続き頑張ります。