GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

タカアシガニ

新年早々、高知在住の人生自爆系友人のY氏から、

 

「2月半ばに上京するんで、どっか温泉に行って、この季節ならではの美味しいモンでも食べないか?」

 

との誘いがあり、協議の結果、長年の懸案だったタカアシガニを食べに行くことに。去年の夏、一緒に福島県ウチダザリガニを食べに行った、なかがわ氏にも声を掛けたところ、多忙にも関わらずスケジュールを確保してもらい、行ってきました西伊豆は戸田へ。

 

イメージ 1

駿河湾に面した戸田は、土肥と共に、タカアシガニの水揚げ漁港として有名で、旬の冬には、地元の旅館やホテルで、タカアシガニ料理を食べることができます。タカアシガニは深海に生息する世界最大のカニで、カブトガニやラブカ同様、生きている化石として貴重な生物です。

 

 私らが小学生時分は学習マンガやTVなどで「日本固有種」と紹介されていましたが、最近、そのフレーズを聞かないと思ったら、20年程前、台湾沖でも発見され、日本固有でなくなったからだそうです。

 

食材としてのタカアシガニは、美味しい説とマズイ説の両方の意見がありますが、その差は、どうも調理法のようです。亡き祖父はカニが大好物で、あくまで彼の私見ですが、美味いカニ・ランキングは、タラバガニ、ハナサキガニ、ズワイガニ、ケガニ、マツバガニ、ワタリガニ、サワガニ、モクズガニ、だと言っておりまして。

 

 タカアシガニについては、身に水分が多いため、蒸した場合のみ、ケガニに勝り「焼きと茹は食えたもんではない」と言っておりまして。検索で出た、某HPでも、同様の記述だったので、おそらく、本当だと思います。

 

イメージ 2


今回、泊まったホテルの調理法は、やはり蒸し。肝心の味については、全く祖父の評価どおりで、タラバガニ、ズワイガニには及ばないものの、肉に独特の風味があり、美味しかったです。


イメージ 3
モデルは「小説を書かない太宰治」こと、Y氏です。


分類学上、タカアシガニは1属1種ですが、地元の漁師さんに言わせると、体型・体格の差や模様の違いで、数種類いるとのこと。もちろん、種類が違うのではなく、個体群の可能性が高いですが興味深いです。