GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

素敵が沢山!戸田

 
 沼津市戸田といえば「タカアシガニ」です。街の入り口の歓迎看板は、当然タカアシガニでしたが、住宅用火災警報機設置を訴える看板も、もちろん、タカアシガニ
(ちょっと、違うモノになりつつ、あるけど)

 

イメージ 1

 

仕込みでも、やらせでもなく、戸田湾に浮かぶ水死体もタカアシガニ(本当です)

 

イメージ 2


同行者のなかがわ氏は弁理士で、ワンフェスの2010[冬]のガイドブックに掲載された
著作権精度Q&A」と「著作物の創造と想像」ページの企画・立案者です。模型やコミック絡みの版権や商標ついての話は、いつ聞いても楽しくて、たまらんのですが、
そのなかがわ氏が大笑いしたのが、この民家?の入り口のドラ●モン。

 

イメージ 3

「せ、先生!こ、これは許されるのですか?!」

 

「はははははは、う~ん、”私的複製”の範疇でしょう」

私的複製とは、例えれば、個人がスクラッチで模型を作り、個人的に飾って楽しむ行為です。

 

「これ、足に4本指があるし、お腹が紅白ストライプだから、ドラ●モンじゃない、
オリジナル・キャラだという答弁は通用しますか?」

 

「だめです。それは詭弁です。許されません」

 

勉強になりますね~、ちなみにツノを付けたり、尻尾付けてもNGだそうですよ。


戸田造船郷土資料博物館と併設されている駿河湾深海生物館。

 

イメージ 4

入り口には、世界最大のタカアシガニの標本が。

 

イメージ 5
中にも沢山の標本や剥製がありました。理系な人には、たまらん施設です。

 

イメージ 6

この施設の展示パネルによれば、タカアシガニ、水産資源として減っており、研究が進められているようです。