GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

独り言?問掛け?

ぎっくり腰をやってゴロゴロしていたら、体重が3kgも増量。

短期間に、こんなに太るのは、正月休み以来です。
でも正月みたいに、沢山食べてないので運動不足が原因でしょう。
というわけで、今日は天気も良かったので、
腰のリハビリも兼ねて近所の散歩に。

自宅のすぐ傍に坂川という、
冬になると沢山の鴨が訪れる川があり、
川風が気持ち良いので、その土手をつらつらと。

すでに葉桜となった桜並木や、
魚を捕っている鵜を眺めながら歩いていると、
前から小さな犬を連れた50代半ばくらいのオバさんが来て、
いきなり、笑顔で川を指差し、

「この前、お爺さんが泳いでいたけど、あれは溺れていたのかしらね?」

何なんだ?その話題は?

土手の上には私と、そのオバさんしかおらず、
間違いなく、私に話しかけています。

初対面の私に、なんで、そんな疑問文を?
私、そんな光景見てないから、肯定も否定もできませんよ。

そもそも、この前って、いつよ?
割と最近だとしたら、寒中水泳でもない限り、泳がないし、
こんな汚い川では、寒中水泳しないだろうから、
やっぱり、その爺さんは、溺れていたんじゃないの?

いやいや、でも泳いでいるか溺れているかは、
一目見ればわかるよな?

判断できないってことは、泳いでいたのか?

まあ、ここは、聞き返し反応すれば、オバさんが
詳しく説明してくれるだろうと瞬時に考え、

「えっ?」

その返事を聞いて、オバさん、詳しく説明するどころか、
急に無表情になって、無言でスタスタと行ってしまいました。

私、街を歩いていると、割と道を聞かれるタイプですが、
こういうパターンは初めてですね。

急に暖かくなったから、いろんな人が出ているんですかね?