GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

名は体を表さない。

まだ市川市に住んでいた2007年の年末の出来事です。

仕事が終わってから不在郵便物を受け取りに、
市川郵便局の時間外窓口に行きました。

いつもはガラガラなのに年の瀬のためか、
数人の行列ができていました。

その脇で、お笑い芸人の三瓶から、
かわいさと愛嬌と脳味噌をなくしたような
小学1~2年生くらいのメタボな子供が、
床に寝転がったり、壁にぶつかったりしながら、
手足をバタバタさせて、

「ね~、ね~、唐揚げ買ってよ。唐揚げ~、唐揚げないと死んじゃうよ」

を母親に連呼してます。

肝心の母親は、格好と化粧からお水系のようで、ちょっと、お疲れな様子。
ツンと虚空を見つめて、我が子の言葉を完全無視しています。
息子さんと違って、スリムな体形で、失敗した森尾由美みたいな感じです。

無視されているとわかるや、息子、悲鳴に近い声で

「唐揚げ~、唐揚げ~、唐揚げ~」を叫び、

ラックに差してある郵便局のパンフレットをまき散らし始めました。

さすがに「おい、これは不味いだろ?!」の空気が充満し、
母親も、おもしろくなさそうに注意しましたが、出た言葉は、

「レオン、やめなさい!」 

レ、レオン?!

このメタボで小憎らしくて、
脳味噌の欠片も入ってなさそうで、
人生全てが唐揚げなクソガキが?レオンだぁ??
謝れ!、ジャン・レノリュック・ベッソンに謝れ!

行列していた誰もが、我が耳を疑い、気持ちが一つになれた瞬間でした。
ちなみに、どこをどう見ても、10,000%ハーフではありません(断言)

諺の「名は体を表す」は嘘だと思いました。