GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

GSX250E 総括(1)RZ/VT登場前夜

GSX250Eが初登場した1980年の250ccロードスポーツを見てみると、

ホンダ: CB250RS、CB250T、CB250N、スーパーホーク
ヤマハ: RD250、GX250SP
スズキ: RG250E
カワサキ: Z250FT、KH250

当時はまだ250ccと400ccが共通フレームで生産されていた時代で、
この中で250cc専用フレームだったのは、ホンダのCB250RS、
スズキのRG250E、カワサキZ250FT、そしてGSX250Eでした。

しかし、GSXは外装が400ccと共通のデザインだったので、
多くのライダーが共通フレームだと誤解をしていたようで、
雑誌記事では、うるさいくらいに「別物」が強調されていました。

発売前からDOHC 4バルブは話題になっていたものの、
その独特のデザインは受け入れられてなく、さらに
「このクラスは軽く、スポーティーに」が求められた時代だったので、
雑誌記事でもCB250RS、RG250Eの評価が圧倒的に高く、
スタートの時点から不遇なバイクでした。