GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

君津「鳥よし」の川エビの唐揚げ

旨い物を食べるのが大好きな友人が神奈川県から木更津に引っ越して、同じ県民になりました。

 

「隣町の君津に美味しい焼鳥屋がある」

 

電話のたびに誘われてましたが、県内なんで、いつでも行けるという変な安心感もあって、「ぜひ!」と返事はしつつも、そのままに。先日、ようやく近所に行く用事ができたので、ちょいと足を延ばし、暑中見舞いを兼ねて、新居にお邪魔し、お勧めの焼鳥店も案内してもらいました。

 

お店の名前は「鳥よし」
〒299-1162千葉県君津市南子安8-3
0439-57-1366

 

国道127号線から少し入った所にあり、館山自動車道の君津ICから、木更津方面に戻る感じで、車で5分程度。電車だと最寄りの駅は、JR内房線 君津駅ですが、駅から約3kmの距離だそうで「歩くと結構、有るよ」とのこと。どうも君津も南流山同様、基本移動は車のようです。

 

肝心のお味ですが、ずっと彼が褒めていただけあって、焼鳥は絶品。仕事の丁寧さが伝わってきます。各地の地酒も、彼好みの良いところを揃えてあり、古民家風の内装もよく、じっくり飲むには最高の雰囲気。

 

彼のお勧めは「鳥皮餃子」で読んで字の如く、鳥皮に餃子の具を包んで揚げたもので、これは旨い!

 

イメージ 1

しかし、私が気に入ったのは「川エビの唐揚げ」。メニューでは唐揚げですが、手長エビと川エビの素揚げで、とにかく美味しい!!最近では、どこの飲み屋や居酒屋にも、川エビの揚げ物はありますが、美味しいお店は多くないです。

 

唐揚げだと、コロモを付け過ぎて、掻き揚げや天麩羅になっていたり、唐揚げ粉の味付けが濃過ぎて、エビの風味が殺されていたり。

 

素揚げも、油でベショベショなのは論外としても、油音が高過ぎ&長時間揚げ過ぎで、表面がカリカリを通り越して、カサカサ、カピカピになっていたり、保存期間が長い冷凍素材を使ったのか、解凍をしくじったのか、表面はカリカリだけど身の水分が抜けて、スカスカになっているものなど。

 

ここのは揚げ方が絶妙で、歯触りはカリカリ。そして素材が良いのか、エビの旨さが、ちゃんと口中に広がります。揚げたての旨さは最高ですが、少し冷めてから、レモンを絞り、軽く塩を振ると、また別の美味さがあります。

 

イメージ 2

場所柄、なかなか行く機会がないですが、ぜひ再訪問したいです。ホイホイ気軽に行ける近所の人たちが羨ましいです。あ、本来は焼鳥屋さんなんで、お間違いなく(笑