GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

ハナサキガニ

亡き祖父はカニが大好物で、生前、美味いカニ・ランキングを語っておりまして。

 

「今年のケガニは当たりだ」だの「ズワイとケガニ、入れ替えるかな?」など、
毎年、多少の変動はあったようですが、まあ概ね、

 

タラバガニ、ハナサキガニ、ズワイガニ、ケガニ、マツバガニ、ワタリガニ、サワガニ、モクズガニ

 

てな順位でした。

 

そんな祖父の二番目のお勧め「ハナサキガニ」でございます。
実は食べるのは30数年ぶり。

 

イメージ 1

私が中学を卒業する頃までは、季節になると、
現地で浜茹されたものが、近所の魚屋に積まれて、安価で買えたし、
大手水産会社から缶詰も売られていたのですが、
いつのまにか姿を消し、久しく口にしないままでした。

 

詳しい方に伺うと、70年代末から漁獲量が激減したようです。

 

イメージ 2

久々に食べるハナサキガニは、やはり旨味を封じ込めてくれる蒸しで。

 

タラバ同様、ヤドカリの仲間だけあって、味も似ています。
「(好みもあるものの)ミソの濃厚な旨さは、タラバを超える」
という祖父の言葉に納得。

 

ただ、肉自体の味の深さや食感、コストパフォーマンスなど総合的判断だと、、
やはりタラバの壁は高いなと感じました。

 

祖父のランキングに改めて納得です。