GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

ヘッドライトケース実物調達

以前、北海道にお住まいのH2オーナーのFさんから、

 

「ヘッドライトケースは上下非対称です」

 

と教えていただきまして。

 

写真を見ると、なるほど確かに下が膨れている様子。

 

パーツカタログで調べてみたら、H2(750SS)とZ1/Z2のヘッドライトケースは、共通部品であることが判明。Z1/Z2の部品なら、部品交換会に行けば、実物が見られるし、安ければ買えば良いので、さっそく、先月、某部品交換会へ。

 

昔は古いバイク部品が安く買え、売り手の蘊蓄話やら、交渉の妙を楽しむ場だった部品交換会も、時代と共に様変わりし、あるのは中国製のモンキーやゴリラの部品が圧倒的。値段もオークションと同じ。いや、むしろ最近は高いと感じます。

 

Z1/Z2のヘッドライトケースもあったのですが、状態は錆だらけ。これでも安ければいいや、と値段を聞くと、

 

「う~ん、3000円!」

 

いやいや、錆だらけで凹みもあるじゃない、その値段はないでしょうよ、

 

「だめだめ、当時モンだよ、超貴重だよ。もうレアもレア、超レアだよ」

 

イイ歳したオッサンが「超貴重」、「超レア」とか言うなや。恥ずかしい。そもそも、それほど貴重じゃないぞ、こんなモン。騙しはイカンだろが。売り子まで劣化しているな。古いモンなら何でも高い。バイクの部品交換会に限らず、こう勘違いしている人が増えたのが悲しいです。実は、もっと状態の良い物が1000~2000円程度で落札されているのを事前にオークションで下調べしていました。

 

イメージ 1

結局、私もオークションにて落札。御値段1000円也。状態も部品交換会にあったものより、錆も少なく凹みもなし。本当に、下部が膨れています。また、その膨れ具合がイヤラシイ!

 

イメージ 2


さっそく、手元に置いて、作業開始です。

 

昔の部品交換会では、商売そっちのけで、いろんなことを教えてくれたり、同じバイク乗っているだけで、オマケしてくれたり、「何でも相談して」と連絡先を教えてくれたり…そんな雰囲気が大好きだったのですが、もはや、そういう売り子さんは少数派。「素晴らしいこと全て過去の記憶の中」になりつつあります。残念ですね。