GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

無線LAN購入希望のオバさん

次女が4月から大学生となり、長女用、私用と合わせて、PCが三台になるので、以前から要求のあった無線LANを我が家も導入することに。ネットとPC雑誌で基礎知識だけ入れて、あとは電器店で相談すればいいやと、松戸市の国道6号沿いになるヤ●ダ電機へ。

 

周辺機器売り場に行くと、無線LAN専用コーナーがあって、各社製品が沢山あります。平日なので売り場はガラガラ。いきなり店員さんに聞くのも何なので値段や箱裏のスペックを見ながら「ふんふん」と。

 

すると、40代後半くらいの失敗した香山リカみたいなオバさんがつう~っと来て、すぐに若い店員さんをつかまえ、

 

「パソコンを無線でインターネットしたいの」

 

さすがはヤ●ダ電機の店員さん、手慣れた様子で現在の回線状況、マンションか一戸建てか、繋ぐのはPCだけか、一戸建てなら、PCは一階と二階の両方にあるのか、などを質問しています。

 

オバさんも途中まではテキパキ答えていたのですが、

 

「階段は、屋内螺旋階段で、引っ越しのとき、家具搬入が大変だったけど、
電波はちゃんと二階に届くかしら?」

 

辺りから質問がグダグダになり始めます。

 

「テレビを地デジ対応にしたけど、電波は大丈夫?ぶつからない?」

 

「旦那のPCに私用の電波は、間違って届いたりしないの?迷子にならない?」

 

「トイレやコタツでも電波は届くの?」

 

店員さん、笑顔で丁寧に対応しています。

 

「屋内螺旋階段だけど、電波はちゃん二階に届くの?」

 

オバさん、その質問、二度目だよ。

 

「うちのトニーちゃん(飼い犬のコーギーらしい)は、ピンクと水色が好きなんだけど、機械の外側の色は、黒と白とシルバーしかないの?」

 

オバさん、犬は色の識別できない生き物だから、それはアンタの気のせい。

 

約10分ほど会話のやりとりがあって、オバさんが「なるほどね~」と納得した様子だったので、次はどの機種を選ぶかの段階へ。店員さん、オバさんの家に適合する三機種くらいを選んで、それぞれの長所や不満な点を説明し始めます。しかし、専門用語が少し混ざる解説に、オバさんの脳味噌がオーバーフローしたようで、
 
「わかんないから、どれか一つ選んで。あなたが、お母さんにプレゼントするならどれ?壊れなくて、ちゃんとパソコンに電波が届いて、しかもコストパフォーマンスが一番良いヤツ、どれ?」

 

店員さん、20秒ほど悩んで、その中の一つを手にし、

 

「御値段は他よりちょっと高めですが、セキュリティ面でも性能的にもコレを選べば間違いないんで」

 

オバさん、

 

「これにした理由を、ちゃんと、わかり易く説明して!」

 

彼、ちゃんと説明しとったやん。女性は無理言うよね。店員さん、時間が掛ると判断したらしく、オバさんを椅子のある相談コーナーに御案内。横で聞いてて、非常に理解が深まったので、店員さんが勧めた機器を持ってレジに行きました。

 

店員さん、あなたの努力は無駄になっていませんよ。





余談;

 

うちの奥さん、娘たちから無線LANの説明を受けているとき、

 

「三台同時に使って、電波は薄くならないの?」

 

離れれば弱まるけど、電波は醤油とかじゃないんで…