GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

これ、どっかの方言とか?(←たぶん、違う)

5月29日から6月2日まで香港に出張でした。
模型メーカーのいくつかの仕事を抱えているのですが、
先方はアイテムによって担当が変わるのに、こっちは一人。

しかも皆さん、とにかく御元気で、自分の主張は曲げない、
言いたい事は言い続ける。非は認めないという、
自己確立しきった素敵な方々ばかりで、
30、31日はヘロヘロになりました。

6月1日は丸々、フリーだったので、
久々に香港在住の旧友、O君と会いました。

そんなO君から「おもしろい看板があるんだよ~」と教えてくれたのが、これ。

イメージ 1


キレイな御姉さんが沢山いる夜總會の看板です。

香港の夜總會には、日本のクラブに相当する高級店と、
キャバクラに近い中級店、そして気に入った御姉さんと、
別室でイイことできる風俗店の三種がありますが、
繁華街にあって、赤い看板で「金●城」という店名は、
大概、最後の風俗系だそうです。

店名の金麗城の下の広東語の意味は、漢字でわかるとおり、
「いつでも390香港ドルで、飲み放題、歌い放題のカラオケ夜總會」

んで、「ずとてのぺうくろ」って何を言いたいんですかね?

下の英文もちょっと微妙で、

「ようこそ、あなた自身で楽しむ男性の楽園へ」

これは、キレイな御姉さん見て、自家発電しろ、ってこと??



微妙度★★☆☆☆(看板物は結構、好きなんで)