GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

「これ何?」

24日のワンフェスにて。

昼も過ぎた頃、季節感満載の鮮やかなトロピカル柄のマキシワンピを着た
年齢不詳な女性(たぶん、40半ば~50代前半くらい?)が、
塗装済みの猫を手にし、しげしげと眺め、

「これ何?」

「あ、猫のフィギュアです」

「うん。見ればわかるし。これ何?」

一抹の不安を覚えながら、

「塗装済みの猫フィギュアです。一応、手塗りです」

「だから、それは見ればわかるってば!これ何?」

こういう会話が成り立たないパターン、困りますよね。

「え~と、何が知りたいんですか?」

「だから、これ何?ってば」

とりあえず、言い方を変えてみますか。

「猫のミニチュアです… ハンドペイントの」

「だから、さっきから、何でできているのか聞いてんじゃない!
 何でわからないかな?」

アンタ、そんな事、一言も口にしてないやん!っと思いつつ、

「レジン製で、模型用塗料で色付けしました」

これで問題解決だろー

「レジンって、何?」

そうか一般の人か…

「え~っと、合成樹脂の一種です」

「ああ、コウセイジュシか。なるほどね」

そのまま猫を置いて立ち去りました。

どなたか、私に熟年女性も納得する新素材?、「コウセイジュシ」って何だか教えてください。