GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

外房の夏の旬

内房の夏の旬が穴子なら、外房は伊勢海老です。

千葉県は伊勢海老の漁獲量は日本一で
外房の海沿いには、焼き物、天丼、刺身、カレーなど、
様々な伊勢海老料理を出す店があります。

今年も8月1日より解禁となったので、キツめな仕事が終わった先日、
奥さんと食べに行きました。

目指すは、大原にある割烹かねなか (いすみ市大原1530 TEL0470-63-1133)

イメージ 1



夏休み中の外房は、海水浴客の車で、嫌になるくらい道路が混むのですが、
今年は震災の影響か、どこも空いており、全く渋滞に巻き込まれず。
海の家や民宿、土産屋など観光業の方々は大変かもしれません。



店内の生簀には沢山の伊勢海老が。

イメージ 2




御目当ては、この「伊勢エビ定食」

3,500円で、伊勢海老の刺身、殻付きの塩焼、味噌汁が堪能できます。

イメージ 3




なにせ獲れたてなんで、鮮度は抜群。
写真じゃわかりませんが、刺身のエビなんぞ、触角や脚がまだ動いています。

都内で同じ内容を食べようものなら、倍の値段は堅く、店によっては1万円を超します。

イメージ 4




やはり旬物は美味しいですね。栄養を補給したところで、明日からまた働きましょう!