GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

太陽のせい?

車で都内から自宅に帰る途中、松戸市内のいつもの渋滞スポットに捉まり、
ノロノロ動いては、ずーっと停まるを繰り返し。

35℃越えの気温ではエアコン切るわけにもいかず、
「これじゃ、バッテリーに負担が掛るな~」などと思っていたら、
歩道の方からガチャンという大きな音と叫び声が。

事故か?と思い、音の方向を見たら、
インドの偉人ガンジーから、知性と教養と慈愛を完全に消去したような老人が、
半ズボンにサンダル、上半身裸で頭にはベースボールキャップという、
夏の午後に相応しいナイスな出で立ちで、ママチャリを投げ飛ばし、
意味不明なことを叫んでいます。

この暑さの中、パンクか、チェーンでも切れて、己が不幸を呪っている?と思いきや、
投げた自転車に近づき、持ち上げ、叫び、再び投げる、
それを何度も繰り返して、少しづつ前進しています。

高気温と強烈な日差しのせいで、他には誰も歩いていない歩道に、
ガチャン、ガチャン、という自転車を投げる音と、「ヨイホッサ(ヨイコラ?)!」
「アッテンチキ(?)」(一部に推測音声を含みます)
などの謎の老人の叫びだけが響きます。

これは

1)頭のおかしい人

2)自転車のない国から来て、乗り方がわからない

3)江戸時代からタイムスリップした「逆JIN」で、自転車を知らない

4)自転車に乗るのを拒否する新興宗教

5)自転車が奴隷役の新手のSMプレイ

たぶん、1)で良いんですよね?