GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

香港航空の機内食

香港航空は、2001年に中富航空としてスタートした新しい航空会社で、
5年後の2006年に今の社名に変更しました。、

昨年10月から成田ー香港路線を運航しており、今年の5月の出張のとき、
初めて使ってみました。

機材はボーイング737-800で、成田を夕方に出発し香港着は夜遅くでした。

イメージ 1


成田発のメニューは、桜蕎麦、牛肉と玉葱の煮物、御飯、
コーン抜きミックスベジタブル、パン、ミネラルウォーター、デザートでした。
画面右下のミネラルウォーターの下にあるのは、蕎麦ツユです。
味・分量共にスタンダードな中華系航空会社の機内食です。

成田を発ってから、中国語と英語で機内アナウンスが。
機内エアコンのコントロールシステムが故障し、
温度調整ができないんですと!え~、整備はどうなってんの?

ぐんぐん下がる機内温度。とにかく寒くて、上着を着て、
CAから毛布をもらい耐えました。

女性乗客の中には、足を抱えて毛布に包まっている方もおり、
体調を崩した人もいたかも?

香港国際空港に到着したときは、沖止めでバスが迎えに来たのですが、
機外に出たときの蒸すような暑さが無性に嬉しかったです。(笑)

_____________________________________


香港発の帰国便のメニューは、桜蕎麦、牛肉と竹の子の炒め物、御飯、
青菜とミニコーン、人参の茹で野菜、パン、ミネラルウォーター、デザートと、
内容的には出発便と似たようなもんでしたが、香港ケータリングだけあって、
味付けは中華風。御飯も長粒米で、牛肉の炒め物との相性は良かったです。

イメージ 2



機材はボーイング737-800で便名こそ違えど、
出発便と同じ機体のようで、またもやエアコンが制御不能

ただ、往路と違うのは、冷えた後、暖房に切り替え、
暖まったら、切るを繰り返していました。

ちなみに私の席は、背もたれのロックが壊れており、
座った瞬間、コントのように、後にガックンと。
当然、別の席に移動でした。ちゃんと整備しておこうよ~

余程の事情がないかぎり、この航空会社を使うことはないと思います。