GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

GSX250E 1986年式カタログ

以前に紹介したGSX250E 1986年式のカタログを入手したので紹介します。

当時のスズキ250ccのラインナップは、
元祖レーサーレプリカの水冷2ストRG250Γ、
水冷四気筒DOHCエンジンを搭載したGF250、
油冷単気筒DOHCエンジンのライト・スポーツNZ250と
今では考えられない充実ぶり。

翌87年には、ホンダCBR250F、250Rに対抗すべく、
水冷DOHC四気筒4バルブ・エンジンのGSX-R250が発売されるので、
GSX250Eは、この年式が最終生産型になります。


そのためか、GSX250E、L、Tの三車種の共用カタログになっており、
そこはかとなく、メーカーにとってのお荷物的な空気が漂っています。

イメージ 1



この最終塗装のGSX250Eは街中で見た記憶がありません。
きっと不人気車だったのでしょう。

イメージ 2



当時はアメリカンと呼ばれていたクルーザータイプのGSX250Lです。
GSX250Eとは裏腹に、走っている実車を何台も見たことがありますが、
乗っていたライダーは中高年ばかりで、荷物や釣り具を載せて、
ホンダのCM125のようにビジネスバイクとして使われていました。
たぶん、安く売られていたと思います。

イメージ 3



発売当時から、どのユーザー層を狙ったのか、
さっぱりわからないのが、このGSX250Tです。
TはTraditionalのTだそうですが、
どの辺が伝統的なんですかね?

初期型は、これより個性的なデザインでしたが(でも人気があったわけではない)、
後期型は御覧のように、GSX250Lと一瞬、区別できません。

イメージ 4



あ~、GSX250Eが、また欲しくなってきた(←悪い病気の始まり)
直さねばならないバイクが、まだあるのですが、
どっかにキレイで低走行で、御手頃価格な出物ありませんかね?(←絶対ない!)