GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

世の中、悪い事ばかりじゃない


GSX250Eですが、まずはタンク内側をチェック。
多少の錆はありますが、敢えて錆取りする程度ではありません。

エンジンオイル交換後、バッテリーをチェックしたら、
メーカー指定とは全然違うバッテリーが載ていました。

取りあえず、バッテリーを近所の二輪館に買いに行き、
ついでに、劣化したゴム部品を発注しようと、
パーツリスト片手に、店員さんに在庫確認してもらったら、
端末の画面を眺めながら平然と

「全部ありますよ。どうします?」

カワサキ・トリプル系では有り得ない、この言葉…

しばしば、古いバイク乗りの間で、旧車の部品l供給は、
今やスズキが一番良いと噂されていましたが、
身を以て体験。もちろん、そのまま注文。

バッテリー充電後、とりあえず、セルが回るかチェックしようと、
車体に取り付け、プラグを替えて、スターターボタンを押すと、
なんとなくエンジンが掛りそうな雰囲気。

エアクリーナーボックスからキャブレターにキャブクリーナー吹いて、
タンクにガソリンを入れ、キャブから古いガソリンを排出し、
スターターボタンを押すと、最初はグズって、やはり無理かと思っていたら、
プスプス音がして、簡単にエンジン始動!
さすが、堅牢さと信頼性を誇るGSX系DOHCツインエンジン。
まさにバイク・エンジンのAK-47 

最近、辛い事が多かったから、たまにはイイ事もないとな~

さっそく、近所を一回り。

イメージ 1


桜の下で記念撮影。

イメージ 2

KH250みたいな連載記事になるかと思ったら、あっさり終了~
いや、なにも問題ないんだけど…