GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

ハンハルト・タキテレ

数年前の話ですが、香港に住むツツミシタ大塚君から、
いつもの挨拶で始まる電話がありました。

「いよっ!元気?」

用件は、私が大昔、チュチマのフリーガーという、
第二次大戦中のドイツ空軍用腕時計の復刻品を
欲しがっていたのを覚えていて、まだ興味があるか?
てな内容でした。


イメージ 1



昔ほど欲しいというわけではないけど、
掘り出し物があるなら興味があると返事をすると、
チュチマではないが、同じく大戦中のドイツ軍のクロノグラフを復刻した、
「ハンハルト」のタキテレが格安で買えるぞ、と。
始めて聞くメーカーだったので、とりあえず、一旦、電話を置いて、
その時計を検索してみました。

ハンハルトは、ドイツのストップウォッチのメーカーとして有名で、
大戦中には、ドイツ軍に時計を納入しており、タキテレは、
通常のクロノグラフの文字盤に速度計測ができるタキメーターと
距離計算ができるテレメーターを印刷してあり、
戦中・戦後のドイツ海軍砲兵隊で採用されたそうです。

ストップウォッチ専業メーカーとして確固たる地位を築いた1962年に、
腕時計の生産を休止しましたが、1997年にタキテレを復刻し、
再び時計メーカーとしての活動を再開し、今に至ります。


イメージ 4



文字盤中央の魔法陣がタキメーターで、周囲の赤い数字がテレメーターです。

値段を調べてみると国内定価は315,000円ですが、
実売価格は20~25%off程度のようです。

大塚君が格安と言うのだから40~50%offくらいでしょうか?
安いは安いけど、それでも15万円以上だから、ちょっと無理かな?
てなことを考えながら、彼にメールし、格安で入手できる事情と
具体的な値段を尋ねてみました。

事情は、まるで漫画で、彼の義妹さんが、
香港島の時計店で働いていたのですが、
ある日、出社すると、店の金庫とロレックスや
装飾時計など高級時計のガラスケースが空っぽ。

最初は窃盗団の仕業かと思ったのですが、
実は、店の女性社長が、金庫の現金と
換金が容易な高額時計を持って、
秘書兼愛人だったイケ面男性と夜逃げしたのでした。

この女性社長、父親から引き継いだ老舗時計店の売上不振を打開すべく、
店内を今風に改装し、大型ショッピングモールなどに支店を増やす積極策を展開。

そして、それが見事に裏目に出て、
資金繰りは悪化し、取引先への支払いは遅れ、
とうとう従業員の給料も未払いになる有り様。

最初は我慢をしていた社員たちも、さすがに限界で、
女性社長と団体交渉して、不採算支店の閉鎖と、
未払いの賃金を全額払うという約束を取り付けました。

その翌々日、女性社長はドロンというわけで… 

かくして残された社員たちは、
社長が金持って逃げたと聞いて、
すぐに駆けつけるであろう債権者達が、
店内の金目のモノを根こそぎ奪って行く前に、
残された目ぼしい時計を未払い給料代わりに持ってきたという、
心温まるストーリー 

おいおい、昭和30年代の日本かよ~

んで、肝心の値段を尋ねると、絶対に有り得ない万円。  

えっ! それでいいの?!

それなら、文句なしに御買い上げです。

香港では、ハンハルトというブランドの知名度が低く、
しかも、この手のミリタリー系の時計は不人気で、
義妹さんも、あっちこっちに声は掛けたものの諦めて、大塚君に相談したようです。
彼もタキメーターとテレメーターのない「レプリカ」というモデルを購入済みでした。


数日後、保険付きの国際小包が到着。中身は正真正銘新品のタキテレでした。

イメージ 2



イメージ 3

まあ、物にも歴史ありってやつですか?(←たぶん、違う)