GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

新潟駅 健康寿司 海鮮家

先月末、高知のYさんと上越新幹線に乗って、降りた駅が終点の新潟。
乗り換えのローカル線の出発まで2時間もあるので、
取り敢えず、昼御飯を食べることに。

行く前、元トラベル・ライターだったWさんから、
新幹線の改札を出た駅ビルCoCoLoの中に地魚の握りを出す回転寿司店があり、
美味しいと聞いていたので、Yさんに提案。

新鮮な魚を日々、食べているだけあって、相づちをうちつつも、Yさんの顔には、

「あぁぁ~ん? 回転寿司を食えだぁ? オマエ、正気かぁ?」

の文字が浮かび出てました。

昔、一緒にモスクワ行ったとき、朝飯に半分発酵したイワシの塩漬けが出てきたとき、
ぶち切れて、ロシア人を呪っていたのを思い出しました。

ぐるりと駅ビルCoCoLo内を一周し、他に良い店もないので、結局、そこに入りました。


イメージ 1

事前情報どおり、店内の品書に、関東では見ないネタが。

まずは、高級魚のノドグロ

イメージ 2


Yさんも同じネタを頼んだのですが、顔に 「う、美味い!」 の文字が浮かびました。

アオサ海苔の味噌汁を頼んで、今日の御勧めの天然ブリ

イメージ 3

う~ん、磯の香り~

イメージ 4

天然ブリは、脂と身のバランスが良く、中トロみたいでした。

ホウボウは千葉では、煮魚や干物にしますが、寿司は初めてです。

イメージ 5


ヤリイカ(姿)と品書にあったので、頼んでみると、ヤリイカの子供がそのまま。
ぷりぷりで美味しいかったです。

イメージ 6


秋田では、季節の鍋ダネのハタハタも握り寿司に。

イメージ 7

これが美味しかった~

Yさんも笑顔で大満足でした。