GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

大切な事

大学時代、結構長く喫茶店でバイトしていました。
そこは店内でスポンジから焼いて、数種類のケーキを手作りしている店でした。

早番で出勤すると、店長と共に、仕込みや掃除など開店準備をするのですが、
店長から、「お~い、いつもの頼む~」と言われるのが、
近所の八百屋で、ショートケーキ用のイチゴを数パック買ってくる仕事でした。

「色艶の良いヤツ、選んでこいよ」

まあ、連日、イチゴを見ていると、素人ながら、
色とか粒のサイズとか、ヘタの鮮度とかで、
なんとなく良し悪しがわかるようになります。

最初の頃は、ダメ出ししていた店長も、
やがて、買ってきたイチゴを黙って洗い、スライスして、
ケーキの準備を始めるようになりました。

近くに女子大や女子高もあったので、結構、店は繁盛しており、
客層の7割が女性で、ケーキは人気商品でしたが、
困ったことに、中には勘違いをする方がおりまして…

「お宅のケーキのイチゴ、とっても美味しくて感心するんだけど、
やはり、契約農場とかあるの?」

「ショートケーキのイチゴ、その辺で売っているのとは、全然、違いますよね~
やはり、店長さんが、市場とかで、コダワって選んでくるんですかぁ?」

学生だった私でも、正直に答えてはイケナイという雰囲気を察したものの、
どう答えれば、いいかわからないので、店長に相談しました。


「あぁ、そういうときはなぁ…」


「専門の業者から、毎日、買いつけています、と言っとけ」

「我々に御客さんの夢を壊す権利はないからね」

嘘はついていないけど、本当の事も言わずにボカすのは、
お互いのために、大切なんだなと学びました。

一つ成長した気がしました。