GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

全日本模型ホビーショー

幕張メッセで開催中のホビーショーに行きました。


イメージ 1

朝、メッセの駐車場が、いつもの倍以上も埋まっており、
ホールに向かう通路も人だらけで、

「おお!模型業界、景気復活か?!」

と喜びましたが、妙に女性が多いので、変だな?と思ったら、
アジア最大の花業界の商談会「フラワーEXPO」が、同日開催なだけでした。

大半の人はフラワーEXPOの会場に呑み込まれていき、
ホビーショー会場についたら、こんな感じ。

イメージ 2

まあ、のんびり見られていいですね。

タミヤ東京マルイ、エブロ、ビーバーコーポレーションなど、
お馴染みの企業が不参加でしたが、その代わりに、
デアゴスティーニ・ジャパンやオガワスタジオ、ホビーリンクジャパンなど、
新しい企業の参加がありました。

少し前から、AFVキットは、アイテムが枯渇しつつあるのか、
一昔前なら、レジンキットでしか手に入らないような車両が、
続々とプラモデル化されていますが、今回はトランペッターがスゴイ!

新作のS-51自走砲は、KV-1Sの車体に203mm榴弾砲B-4を搭載した試作車両で、
たぶんレジンキットすらなかった超マイナー車両。

イメージ 3

さらに、IS-3の後継として、第二次大戦直後に開発されたIS-4重戦車も!

頑張っていると思うけど、売れるのか?コレ?!

イメージ 4

GAZ-67Bは予告された箱絵では、大戦型のフロントグリルだったのに、
展示見本は戦後型… これは別に大戦型も出るのでしょうか?

イメージ 5

系列会社のホビーボスから、T-37Aシリーズが、ずらりと。
中でも、マイナーなイジョルスキー工場製T-37Aも発売されます。

イメージ 6

プラモデルが壊滅的に売れない欧州市場の中で、
ロシア、ドイツ、イギリスは模型が売れているので、
同国のアイテムが、どんどんキット化されていますね。


台湾のAFVクラブは、イギリス軍のマタドールトラックとチャーチル3インチ自走砲を発表。
これも本来はレジンキットアイテムですね。

イメージ 7

あと、昨年、他社から出た1/12スケールの机やロッカーなどのヒットに触発されたのか、
同スケールで、昭和の小学校の机とイスも。

「え!今頃?!」という声も多かったですが、いろいろ大変なんだと思います。

イメージ 8

同スケールなので、うちのH2の横に置けます(←そんな事する奴はいない)