GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

タンク

エンジンやキャブレターの整備が終わったので、
後回しにしていたタンクなどを…

バイクを入手したとき、タンク内にガソリンが残っており、
それはそれは強烈な臭いがしたので、一旦、全部廃棄し、
乾して、そのままにしておきました。

今回、久々に中を確認しましたが、錆もさほど出ていないので、
得意のサンポール錆取りは行わず、このまま使うことにしました。

イメージ 1

燃料コックのゴム部品はさすがに劣化していたので、純正部品を注文しました。

タンクからコックに燃料を送るとき、フィルターの役割を果たすストレーナーが、
廃番になっていました。仕方ないので、クリーニングして使うことにします。