GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

モデラーズフリマ 東京 2013

あれは、去年の今頃でした。

浜松町の都立産業貿易センターで開催される
モデラーズフリマ 東京 21012」に行くべく、つくばEXに乗ったら、
同じ車輛に挙動不審の若い男性がいました。

ドア付近に立って、最初は目をつぶって、
手をクネクネさせていたんでダンサーか
パフォーマーがイメトレでもやっているのかな?とも思いましたが、
それにしては、ダンサーの鍛えられた身体とは正反対の、
虚弱で不健康そうな体型。

そのうちブツブツ言い始め、浅草を過ぎて、新御徒町駅辺りから、
急に全身を使って、見えない敵と戦い始め、
パンチ、回し蹴り、腕を顔の前で合わせてガードなどの技を次々と繰り出し、
口で「ぷしゅ~」「すぱーん」とか効果音を付けていました。

当然、親子連れや老人など、急いで避難し、
彼の周囲には広い空間ができていました。

ヤバい奴だな~と思っていたら、終点の秋葉原に到着。
みんな逃げるように降りて行き、
私も、その流れに乗りました。

秋葉原からJR山手線に乗り換え、浜松町で下車して
産業貿易センターに向かって歩いていたら、
5メートルくらい前方に、さっきの彼がいるではないですか!

すごく嫌な予感がしたのですが、案の定、
都立産業センターに入っていきました。

エレベーターは、敢えて一緒には乗らず、
私は階段で上がりました。

でも、会場に着いたら、彼が、しっかり入場手続きしていました。

「あ~、やっぱり…」

なんか、とっても鬱な気分になりましたね、はい。







そんな素敵な思い出のモデラーズフリマに今年も行きました。

イメージ 1

場所は去年と同じ、都立産業貿易センターです。

イメージ 2

懐かしいプラモデルが拝めたり、店舗時代の常連さんや模型業界の皆様ともお会いできまいた。

GUMKAのH2の日本最南端の販売店みぶろやさんが出店しており、初めて、
直接、御挨拶できました。

買い物は、流用部品用の安いキットを数個買った程度でしたが、
とても楽しい1日でした。