GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

イラっとくる(*`・ω・´)

CB400LCのレストアも、いよいよ最終段階に入ったとき、
いつものようにガレージで作業していたら、後方から声が…

「なあ、これ、はーれーだろ?」

見ると、手足が長いヨーダというか、
服を着たスメアゴルみたいな爺さんが立っています。

アクセントは、文章では表記できませんが、
「ハーレー」ではなく、「はーれー(語尾が下がる)」でした。


「なあ、はーれーだろ?」

どうやら、CB400LCのことを勘違いしているみたいです。

「いや、これは、ホンダの古いバイクですよ」

「はぁ? 大きいけど、はーれーじゃないの?」

大きくないですよ、排気量は400ccしかないし、
エンジンの形式も全然、違いますよと説明すると、
納得がいかない口調で、

「はーれーは、何ccだよ?」

小さい車種で883cc、大きいと1600ccくらいありますよと返事すると、
回答に全然、興味がない様子で、

アンタは、バイク屋?」

「いいえ、違いますよ。趣味で古いバイクを直しているだけです」

「あのさ、オレ、前の耕運機が動かなくなって、
 車庫に置いてあるんだけど、あれ、直るかな?」

なんで初対面の相手に対して、現物も見てないのに、
耕運機が直るかどうか判断しなきゃならんの?

「そういうのは、買った店に相談したら、どうですか?」

「直るか相談したら、新しいの買わされたんだよ!
もう部品ないぞ、直しても、また壊れるぞ、とかぬかしてよー!
本当に腹立つわ。あれ、直ったんじゃないかな?」

あのさぁ、爺さんさぁ、こっちは現物を見てないから、
同意を求められても、そんなん、知らんがな!(*`・ω・´)

「……」

「あ~、アンタ、耕運機は直さんのか?」

「直せません(即答)」

爺さん、いきなり、大きく溜息ついて

じゃあ、いいや」

「あ~ぁ、結局、ダメか。今は使えん奴ばっかだな。

舌打ちして、くるりと背を向けて帰っていきました。

どうやら、地元の農家の人みたいです。
もちろん、基本は御近所の方とは仲良くする姿勢です。

でも、なんか、イラっときました。(*`・ω・´)