GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

銚子「一山いけす」の伊勢海老天丼

銚子に出掛ける用事があり、ダラダラしていたら、いつの間にか午後2時30分。
昼飯を食べ損ねたままで、市内の大概の店のランチタイムは終了

市外だけど、海岸沿いの「一山いけす」は、
ランチタイムが午後3時30分までだったと思い出し、
久々に伊勢海老天丼も食べたかったので行ってみることに。

まだ模型店をやっていた頃は、店の常連さんとかと、
ドライブがてら寄っていましたが、南流山に引っ越してからは御無沙汰で、
5年ぶりの訪問です。

イメージ 1


お店の前の「営業中」の看板を見て、一安心。
店の目の前は太平洋ですが、もう景色が冬っぽいです。


イメージ 2



ここに来て、定番で注文するのが、伊勢海老天丼(\1,980-) 

イメージ 3



アップにするとこんな感じ。中型の伊勢海老2尾とイモ、ピーマンの天麩羅が
御飯の上に乗っています。

イメージ 4


二人以上で行ったら、注文するのが金目鯛の煮付け。
その日の魚のサイズによって、値段が変わりますが、
テーブルに置かれた手書きコピーのメニューには、
「本日の煮魚(金目鯛一匹丸)\2,100-」とあったので、

「今日の金目鯛のサイズ、どのくらい?」

お姉さんに尋ねると、

結構、大きいですよ、30㎝くらいかな~?」

注文して、出たきたのが、これ。

イメージ 5

楽勝で30cmオーバー
見事に大皿から、はみ出ていました。 
しかも身が厚い!嬉しい~

こんなサイズ、東伊豆辺りで注文したら、
4000~8000円くらい、しれ~と請求されます。

食べ終わって、外に出たら、午後3時半過ぎだというのに、
もう周囲は夕暮れの雰囲気。

イメージ 6

関東地方の最東端だから、この季節になると、
南流山より夕暮れが早いんですね。

お店の入り口付近のコンクリートにこんな模様が…

イメージ 7

なかなかやるな、漁師町の猫