GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

ウツボカズラが縁起物?

12月だと言うのに、香港の園芸店では、
食虫植物のウツボカズラを店先にズラリと吊るして売っていました。
この季節に温室不要なんで根本的に気候が違います。

イメージ 1

この光景を見たときは、香港人は、どんだけ食虫植物好きなの?と思いました。
とにかく、半端ない数を売っています。

原産地が熱帯だから、日本では真夏にしか売ってないし、
冬になれば温室が要るし、生態も特殊だし、
趣味性も強いんで、到底、こんな需要はないでしょう。

イメージ 2


今日たまたま、香港の模型会社から電話があったので、
ついでに、先日見たウツボカズラについて尋ねてみました。

なんと、これ縁起物なんだそうです。

香港の公用語である広東語で、滅茶苦茶に儲かるとか、
お金が腐るほどあるの意味で、「猪籠進水」が使われます。

これは豚(猪)を運ぶ籠は、竹や籐で編んでいるので、
網目が粗くどこからでも水が入りそうに見える様子から、

「あっちからも、こっちからも、お金、わんさか入ってきて、
 ワタシ、お金まみれアルヨ~」

という意味だそうです。

そもそもウツボカズラの中国名は、
葉が変形した補虫器の形が、
猪籠に似ていることから「猪籠草」だそう。

んで、ウツボカズラの補虫器の中には、
捕えた虫を溺れさすために水が溜まっているので、
香港人にすれば、

「アイヤ~!猪籠草に水が!まさにコレ、猪籠進水アルヨ~!」

てなわけで、大変に縁起の良い植物で、
お金持ちや商売をやっている人たちが、
喜んで買っていくんだそうです。

う~ん、意外でした