GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

東金 ぐうらーめん

先日、九十九里方面に出掛けたときに寄りました。
おそらく、東金で一番、有名なラーメン店だと思います。

千葉県の御当地ラーメンと言えば、
勝浦タンタン麺と竹岡式ラーメンですが、
この、ぐうらーめんも竹岡式です。

竹岡式の元祖は、内房の富津市竹岡にある「梅乃屋」で、
麺は乾麺を使い、チャーシューを煮込んだ醤油ダレを
麺の茹で汁で割るという無茶な独特の製法で、
トッピングも長ネギではなく、刻み玉葱です。

この個性の強さ故、万人受けはせず、
なかなか全国区にはなれませんが、
ハマるとたまらない、中毒性の高いラーメンです。



ぐうらーめんは、国道126号沿いにあり、お昼を外した時間帯でしたが、
5名ほど先客が行列していました。

イメージ 1

並んで待っていると、店員さんが注文取りに来たので、
チャーシュー麺・薬味(玉葱)大盛り」と言うと
メモした伝票を渡されました。

御客さんの回転は早く、10分足らずで
「御客様、どうぞ~」と店内に。

席に座って、数分で注文の品が出てきました。

スープは真っ黒で、ちょっと驚きますが、
見てくれほど醤油辛くはなく、独特の風味があります。

麺は元祖のような乾麺ではなく、中細のストレートな生麺で、
スープが染み込んで茶色くなっています。

イメージ 2

チャーシューは、かなりの肉厚&トロトロの絶品です。

それが5枚と大きめなブロック1個が入っていました。
とにかく、これが美味しいです。

食べ始めは、「見た目ほど濃い味じゃないな」と思いましたが、
終わりの頃には、さすがに水を飲みました。
スープも飲み干せなかったです。
薄味好きや濃い味は苦手という方には不向きかも?

梅乃屋のラーメンを食した後、これが生麺で、
もっとチャーシューがトロトロで多いと嬉しいよな…
という願望を具現化したラーメンですかね?

食べ終わった直後は、「なるほどね」という感想でしたが、
5日ほど経つと、「う~ん、も、もう一度、食べたい~」となる不思議なラーメンでした。