GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

1/43 LuAZ-967とザポロジェッツ

数日前、ウクライナから小包が届きました。
今、話題の国なので、到着まで時間は掛ったものの、
無事に到着しました。

イメージ 1

中身は、日本でもお馴染みのディアゴスティーニがロシアやウクライナで売っている
ソ連の伝説の自動車」シリーズのLuAZ-967水陸両用車とZAZ-965A「ザポロジェッツ」です。

1/43のミニカーとパンフレット程度の実車解説の冊子がセットになっています。

イメージ 2

もう時効だと思いますが、2006年、あるロシア人から、
この車のプラモデルを出したいので、設計をやってもらえないか?との打診がありました。
友人と新しい模型メーカーを興すので、その第一弾にしたいという話でした。

個人的には興味があったのですが、
当時は、文字どおり1/35のAFVプラモが桁違いに売れてまくっており、
既に、いくつもの仕事を抱えていた状態だったので、
スケジュール的に無理だと御断りしました。

結局、今日に至るまで、LuAZ-967水陸両用車のプラモデルは出ていないし、
それを予告した新興模型メーカーも聞かないので、
計画が頓挫したのだと思いますが、仮に実現したとしても、
このアイテムが第一弾ですから、メーカーとして存続できたか、
甚だ疑問があります。ちなみに第二弾は、GAZ-46水陸両用車を出したい、
とか言っていました。

ただ、それ以来、実車が気になり、レジンキットでも出ないかな?
と思っていたらミニカーがあると知り、
在庫を持っていたウクライナの店に注文した次第です。

イメージ 3

実車の雰囲気から、バモス・ホンダ程度の大きさかと思っていたら、
ずっと大きくて、ちょっと驚きました。

最近、トランペッターが、ソ連/ロシアの車両を出しまくっているので、
もしかしたら、近い将来、プラモ化されるかもしれません。


ZAZ-965A「ザポロジェッツ」は、良く言えばフィアット600にインスパイアされた。
ストレートに言えば、デザインをパクって、アレンジした車です。

イメージ 4

ZAZ-965Aは、1962年から69年まで、
32万台以上が生産されたソ連の大衆車ですが、
車としては最低レベルの性能で、
東独のトラバントみたいな位置付けのようです。

生産終了から20年以上も経ったソ連崩壊時、
モスクワの街を元気に走る姿を見て、
絶対に乗りたくないですが、デザインは魅かれました。

ズヴェズダ辺りから、1/24のプラモデルが出ると嬉しいのですが…