GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

東独製ライダーズジャケット

模型店時代、常連客だった横浜のSさんから頂戴した、
独軍のオートバイ兵用ジャケットです。

イメージ 1


Sさんは、日本では珍しい東独軍のマニアで、
貴重な資料本や本物の軍装品もコレクションしており、
現物持参で、店頭レクチャーしてくれたこともありました。

私がバイクに乗ると知って、2008年に模型店を引退する直前に、
プレゼントしてくれました。嬉しかったですね。

以来、ずーっと大事に保管していましたが、
実用性を確かめたくて、
この前のKH250の冬眠明け走行のとき、試着しました。

布地が薄いので、あまり防寒性はなさそうで、
春先~初夏の今のシーズンにはぴったりでした。

左胸には、大型のポケットがあり、デジカメとか入れるのに便利です。

イメージ 2

裏から見るとポケットの形が変です。NVAは東独軍のことで、
1958は、おそらく製造年だと思います。

イメージ 3

この形状はひょっとして…

イメージ 4

試しに入れたルガーP-08のガスガンが、スッポリと納まりました。
なるほど、ホルスターなんですね。

やはり軍用品だということを実感します。


イメージ 5


それにしても、1958年製とは思えぬ新品同様の状態です。
さすがは、Sさんです。

使い易いので、しばらく愛用させてもらいます。

 <5月17日補記>

このジャケットはオートバイ用ではなく、空挺隊用戦闘服だそうです。
ポケット裏側の1958のスタンプは製造年ではなく、生産工場の番号だそうです。
訂正と共に、お詫びいたします。御指摘下さった堀さん、ありがとうございました。