GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

劇画 トヨタ喜一郎

名古屋の産業技術記念館ミュージアムショップにて売っていました。1969年に少年マガジンに連載されていた劇画の単行本復刻です。

イメージ 1


私が小学校高学年になったとき、

「マンガばっかり読んでいるとバカになる。」

「これからは、ちゃんと読書をしろ」

父親がマンガ本を買うことを禁止したので、
少年マガジンは、近所に住んでいた同級生の佐藤君の家で読ませてもらっていました。

ところが佐藤君がお父さんの転勤で引っ越してしまったので、
この劇画は、社員の岩岡が、豊田自動織機の工場の中を原動機付き自転車を走らせながら、

「こいつは自動車なんだぞ!」「おれたちの自動車第一号なんだぞ!」

と独白するシーンを最後に続きが読めないままでした。


イメージ 2

以来、約45年間、精神的残尿感がありましたが
読み終えて、やっと、スッキリしました。