GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

野戦製パン車KhPK-50/-50M/-50M2

以前から各国の野戦炊事車には興味があり、
2006年にHJ誌別冊のMMM No.18にて、
ソ連軍の野戦炊事車KP-42を作りました。

当時は、まだウクライナのミニアートからプラモデルは出ておらず、
クラッチでした。

そのときに資料を読んで野戦製パン車の存在を知り、
以来、実物の資料を捜していまたが、
8年を経て、
ようやく、マニュアルを入手できました。

イメージ 1

イメージ 2


マニュアルなので、開発経緯は一切記述がありません。

イメージ 3

外観はドイツ軍のBackanhanger (Sd.Ah.105)に似ていますが、
窯の中で観覧車のようにパンのトレーが回転するようになっており、
ムラなく、かつ早くパンが焼けるようです。

イメージ 4

これがあれば、ソ連軍の戦後歴代の野戦製パン車、
KhPK-50/-50M/-50M2を1/35でレジンキット化できるので、
今回は無理だけど、次回のワンフェスで、ーンと売って!
売って!
売って、売って… 売っ…売… う、ううううううう~ぅぅぅ

こんなモン欲しがるのは、全国で10名もおらん!
つД`)・゚・。