GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

お食事処むらい ソースカツ丼

モデラーの職業病といえば、首凝り、肩凝り、眼精疲労
腕の筋肉疲労というわけで、たまに整体治療に行きます。

ピアニストに多いジストニア治療を得意としており、
本来は、演奏家の患者さんが多いのですが、
模型も指先を多用するということで、
面倒を見てもらっています。

先日、施術中の世間話で、
先生が、福島のソースカツ丼を食べたいと言うので、
それなら、お易い御用ですよと、
御案内することになりました。

肉好きと伺ったので、数あるソースカツ丼の名店の中でも、
ボリューム満点と評判の「お食事処むらい」を選びました。

会津若松市の郊外にあり、
土日ともなると県内外から沢山の御客さんが来店し、
長い行列ができるそうです。

看板メニューのロースカツ丼(ソース)1400円を注文し、
待つことしばし。

「お待たせしました~、がんばって、完食してくださいね」

店員さんの笑顔と優しげな言葉と共に、
ぶ厚いカツが六切も載っている
強烈なソースカツ丼がテーブルに置かれました。

イメージ 1


三切のカツが空を睨む様子は、まるで
2K12クーブ(SA6ゲインフル)地対空ミサイルです。


イメージ 2

このゲインフル・カツ丼、
当然、食べ切れない御客さんもいるらしく、
店内では持ち帰り用のクリアーパックを
10円で販売していました。

第一印象は「こりゃ、無理かな?」と思いましたが、
見てくれとは裏腹に、肉自体は美味しく、
食べても、油がもたれる感じもなかったので、
意外に食が進み、なんとか完食できましたが、
さすがに50代のお腹には、かなり効き、
この日は晩飯をパスしました。

一方、先生は胃に負担がかかるような無茶はせず、
味を楽しみつつ、数切を残して持ち帰っていました。
自宅でカツサンドにして、美味しくいただいたそうです。

さすが、健康が商売な方は違います。

50歳過ぎての無茶食い、ちょっと反省しています。