GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

微妙についていない

今回の香港行きは、台湾のチャイナ・エアを利用し、
往路が成田→台北→香港というコースで、
復路は、その逆でした。

往路は問題なく香港に着いたのですが、
復路は、まず香港→台北間の機材到着が遅れたため、
約1時間遅れで出発。

イメージ 1


予定では成田便の搭乗開始時刻15:50まで1時間10分あるはずでしたが、
台北に到着したときは15:30で、しかもターミナル違い

おまけに台北の空港はトランジット客も手荷物検査があるので、
これはギリギリか?!というタイミングです。

飛行機降りる→
長い通路をマジな早足で移動→
ターミナル間を繋ぐモノレールみたいな乗り物に乗る→
長い通路を再びマジな早足で移動→
緩~い空気の漂う手荷物検査場でX線検査→
なんとか、成田便の搭乗口A8へ。

搭乗開始から9分後15:59に機内に入れました。
「あ~、間に合って良かった~
」と安堵し待っていたら、
やがてドアが閉まり、いよいよ出発…するかと思ったら、
機内アナウンスが。

「…当機は出発の準備が全て整いましたが、
滑走路の点検のため、管制塔の指示により、
このまま待機いたします。
点検作業の終了まで45分ほどお時間を頂きます。
お急ぎのところ、誠に申し訳ありませんが…」

点検は仕方ないと思いますが、45分も待たせるなら、
搭乗開始時間を遅らせてくれればいいのに…
う~ん、なんか微妙にツイテいない