GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

公募終了から一週間

OCR1000クラウドファンド終了から早くも一週間が経過しました。

そもそもアイテムのレア過ぎと、OCR1000を知っている年齢層と
クラウドファンドを活用する年齢層が乖離していたこと、
プラモデルメーカーの新製品を見ればわかるように、
バイク模型の中心購買層の興味が、市販車ではなくレーサーにあること等々、
不成立の原因解析も、ほぼ終了した後、
READYFOR?からはプロジェクトに関してのアンケート調査もありました。

社会活動や社会貢献系の公募が多いREADYFOR?に
はたして、どの程度のデータや経験則が残せたのは不明ですが、
今後、物づくりを目指す方々を指導する参考になってくれれば、
それはそれで嬉しいです。

「残念でしたね」「お疲れ様!」

などの御声掛けはありがたいし、

「おもしろかったよ!」

「どうせ、また何か考えているんでしょう?」

などと言われれば嬉しいですね。

一部の支援者の方から厳しい御意見もありましたが、
それは真摯に受けとめたいです。

一番、この企画を楽しみにしていたであろう、
実車オーナーの牛山さんからの

「残念だったけど、キット化てくれるなら、いつでも協力は惜しまないから」

の言葉は申し訳なく、かつ嬉しかったです。

イメージ 1

だから、今、エンジンくらいは手作り原型が作れないかと、いろいろ模索中…