GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

勝浦タンタンメン

竹岡式ラーメンと共に、千葉県の御当地ラーメンとして
有名なのが、勝浦タンタンメンです。

青森県で開催された今年のB-1グランプリで、
見事に優勝して以来、県外の方々から、

「美味しいんですか?」

「どんな感じですか?」

と尋ねられるようになりましたが、
残念ながら食べたことがなく、
返答できずじまいでした。

先日、東金まで行った際、
東金自動車道の野呂PAのメニューに、
まさにB-1グランプリの優勝団体である、
「熱血!!勝浦タンタンメン船団」公認という
勝浦タンタンメンがあるではないですか!

これは、いい機会だと、さっそく試してみました。

イメージ 1


真っ赤なラー油が浮かんだスープに刻み玉ねぎ、
挽肉、白髪ネギがトッピングされていました。

赤いスープをすすり、一口目を口に…「あれ?」
いやいや、初めて竹岡式を食べたときも、
一口目は違和感を感じたじゃないかと
二口、三口、四口と進める…

「う~ん…公認で、このレベルか…

さや香りをラー油に頼っているから、
その質次第で味は変わるんだろうけど、
旨味とかコクとか、いろいろ足りない麺でした。

好きな人はやみつきになるそうですが、
申し訳ないけど、私は、もういいかな…