GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

ウィーンで買ったスタンプ台

1987年にオーストリアのウィーンで、
絵葉書を買いに文具店に入りました。

レジ・カウンター周辺には、ボールペンやクリップ、消しゴムなど、
買い忘れてそうな様々な商品が並べられていましたが、
その中に、なぜか赤いプラスチックケースのスタンプ台がありました。

イメージ 1


イメージ 2


日本の文具店では、あまりレジ脇には置かれない商品だよなと、
それを見ていたら、視線に気付いた40代くらいの女性店員が、
すかさず、

「このスタンプ台は優れ物で、蓋を開けっ放しにしなければ、
 インクの補充なしで10年は使えるわよ」

本当に?

「本当!うちで、ほぼ毎日使って、もう10年以上経つもの」

と、くたびれた同じスタンプ台を見せます。

「ケースは赤いけど、インクも赤なの?」

「いいえ、ダーク・パープルよ」

10年も使えるって本当かよ~と思いながら、
せっかくなんで、試しに1個購入しました。

帰国してから使い始めて、以来、インク補充なしで今年で29年目。
まだまだ使えます(本当!)

イメージ 3


GUMKAの製品の箱横に押された「豪嘉精巧」の印は、
このスタンプ台を使っています。