GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

ソ連の野戦炊事車KP-41

 今夏のワンフェスにてソ連の「野戦炊事車KP-41」を発売予定です。
生産個数は50個のみ。ミニアートのKP-42用の改造パーツで調理釜本体、
煙突がレジン製でフェンダーなどがエッチングパーツです。

 まだ最終的なコストが判明していないため、価格未定ですが、
ワンフェスの1週間前までにはお知らせします。

イメージ 1


イメージ 2


 KP-41の存在が判明したのが21世紀になってからで、
2011年にロシアの模型雑誌M-Hobbyに図面が掲載されました。

 ちなみにマケットのPK-43(現MSDのKP-43)は、
早い時期にKP-41の資料を中途半端に入手し、それを元に設計したようで、
調理釜のある本体寸法などは、ほぼ合致していました。

 じゃあ、PK-43はKP-41だったのか?と問われれば、
一部の寸法は合っていて、KP-41に似ているという程度で、
ハリウッドの戦争映画に出て来る戦車みたいに
一見、それらしくは見えるものの、細かく見ていくと、
突っ込み処はあります。

イメージ 3


 これから原型を仕上げ、エッチングを手配し、発売に漕ぎ着けたいと思います。