GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

謎のHanto Hotel Tokyo

ドラゴンモデルズのスタッフから

「リャン社長の友人が東京で
 日本人デザイナーの面接をやるので、
 立ち会ってもらえませんか?」

との依頼が。詳しく聞いてみると、
その方はアメリカ西海岸在住の香港系アメリカ人で、
友人とはいうものの模型とは無関係の仕事をしており
デザイナーも模型設計者ではなく文字どおりでした。

一応、香港人の日本語通訳がいるものの、面接相手が、
自分の感性を説明するのに独特の言い回しをしたり、
発言の微妙なニュアンスが伝わらないと困るので、
念のため日本人に立ち会って欲しいとのことでOKしました。

来日当日「有楽町のHanto Hotel Tokyoに宿泊するので、
近所のお勧めレストランを教えてください」
と連絡があったので、検索してみると、そんなホテルはありません。

名前を間違えているのか、ひょっとしたら最近、話題の
外国人向けの民泊施設か?とも思い確認連絡したら
「香港では有名なホテルですよ」と漢字表記で「半島酒店」

なるほど!半島を日本語でHantoと表記してたのか。
つまりペニンシュラ東京のことやね、そりゃ~有名だし、
一流だわと納得でしたが、考えてみたら、
リャン社長の友達ですから安い民泊施設なんかに泊まりませんね。