GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

誰も欲しがらない


スズキGT380コレクターのタケベ・スズキさんから久々に連絡が。

スズキ車コレクターの先輩格だった方が、
コレクションの処分を始めたそうです。

老後の趣味でレストアしようと
昔から古いスズキ車を集めており、
20数台のバイクを倉庫に保管していたものの、
定年退職後も手を付けられず。

70歳を過ぎてバイクに乗らなくなって、
一層、レストアする気力が萎えたところに、
保管場所だった倉庫が取り壊されることになり、
期日までに中のバイクを撤去しての通知が…

全車が不動で、長いものは30年以上も動いていないのに、
GT750やGS750、GS400E、RG250E、GSX400F、SW-1などは、
即嫁ぎ先が見つかる一方で、GA50、GR650、RF400Rなど、
ぱっと形が思い出せない不人気車は残り、
その中にGSX250Tと250Lがあるけどレストアベースとか
GSX250Eの部品取り車にどう?てな話でした。

和メリカンと呼ばれ、デザイン的に好き嫌いが多い、
GSX250Lはともかく、スタンダードなスタイルの
GSX250T中古車市場でもそれなりの値段が付いているので、
欲しい人が見つかりそうだけど?

「余程のキレイな中古車ならば話は別だけど、
 程度はそこそこそれなりの値段のGSX250Tは、
 長く店の在庫になっていないか?」

言われてみれば、確かに。

イメージ 1



GSX250T

「撤収期限はいつですか?時間的な余裕があるなら、
 心当たりに尋ねてみますけど?」

「今月末のところを、お願いして連休明けまでにしてもらったんだと…」

いや、それは短すぎでしょう。
何とかしてあげたいとは思うものの、
私も置き場所がなく増車はできないので、
別の方を紹介するのが精一杯でした。

買取業者を呼べば簡単に片付くと思われるでしょうが、
このオーナーさんはバイクブームが終わった後、
解体屋のバイク墓場を見た世代でして。

当時、解体屋の裏には、事故車と共に
まだまだ走れるのに誰も欲しがらない不人気車種バイクが
山積みで捨てられており、錆びて朽ち果てていく姿は
バイク好きには決して忘れられない光景でした。

自分のコレクションが買取られた後、
業者オークションに出され、
そこで買い手が付かなかったとき、
解体屋で朽ちていく末路を思うと、
それは耐えられないとのこと。


若い世代で欲しがる人、いないですかね?と問うと、

「…仕事先や飲み屋でバイク欲しいって言う若い奴に
 不動車があるから直して乗らないか?わからない所は一緒に
 手伝うからって声掛けてるけどそこまでして乗りたくはないとか、
 今のバイクがいい、スクーターが欲しいばっかりだよ」

「最近はバイク雑誌でもメンテはバイク店に任せろが多いし、
 肝心のいじり系バイク雑誌ですら、ショップ紹介と
 タイアップ記事ばっかりのお粗末さで、
 あれじゃ自分で直せるとか考えないよな」

「不動の不人気車を手に入れて、自分の力で走るようにするのって、
 すごく楽しいのに、ショップで整備された人気車を買いましょうじゃな」

う~ん、難しい時代です。



*4月27日追記

珍しいけど高値は付かない微妙な車種揃いでしたが、
解体屋には捨てないという約束で
バイク屋にまとめて引き取ってもらったそうです。
現状では最良の解決策だったと思いますが、
商材として大丈夫なのか?という別の不安があります。