GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

スターターリレー


セルモーターが回らなかったGSX250Eですが原因はスターターリレーでした。


イメージ 2



お気づきの方もいたと思いますが、
キーをONにしてウインカーやライト、ホーンは作動するので、
バッテリーやレギュレーターは問題なし。

セルモーターも4年前にユニット交換済みとなると、
怪しいのはスターターリレー。

折良く、スズキの70年代2スト・バイク、GT380コレクターの
タケベ・スズキさんから、数年ぶりに連絡があったので
「実はGSX250Eのセルモーターが…」と話題にしたところ、
これ、セル・スターター付きスズキ製バイクの汎用部品だそうです。

生産ロットの関係なのか部品の寿命かは不明ですが、
ここ最近、1980年代初期製造のセル付きスズキ車に多いトラブルで、
バッテリーは問題ないのに、セルが回らなかったり、
反応が悪いときは、セルモーター内のブラシ摩耗か、
スターターリレーの故障を疑えとのこと。
(↑経験に基づく個人の感想です)

交換部品には信頼と性能が保障された純正部品(8,500円)が一番良いけど、
タケベ・スズキさんたちが愛用している安心品質のお安い社外品が
某密林通販で半額以下で買えると教えてもらい、さっそく、そっちを注文。


イメージ 1


交換したら、嘘のように元気にセルが回りました。