GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

ソ連の野戦炊事車PK


 以前に 御紹介したソ連の野戦炊事車PK ですが、諸々ありましたが、ようやくレジンキット発売できることになりました。

 当初は手流し量産で、ワンフェス会場にて30個売り切り販売するつもりでしたが、あっちこっちから欲しいという声があったので、レジン注型業者に量産を依頼しました。

イメージ 3


 パンチングボード製の大型ラックの再現は、エッチングを使いました。このラックは木製だったり、未装備の車輛もあります。

イメージ 4


 塗装前はこんな感じです。

イメージ 2


 最初に制式採用されたのが19世紀だけあって、やはり全体的な印象は古めかしい感じがします。長期間に渡って製造されたので、煙突や調理釜の蓋、収納箱やラック形状などに多くのバリエーションがあります。一応、キットは第二次大戦に多い仕様としたので、第一次大戦日露戦争ジオラマには、そのままでは使えません。

イメージ 1


イメージ 5


イメージ 6


ようやく発売することができて、肩の荷が降りた気分です。