GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

ポーク玉子巻きおにぎり

 
 初めて徳之島に行ったのは、2015年12月でしたが、旅行前に昆虫採集マニアだった旧友の中西さんから情報収集しました。彼は八重山諸島や南西諸島の甲虫に魅せられ、シーズンになると沖縄本島石垣島西表島奄美大島、徳之島に通って、夜は虫を求めて島中を彷徨い歩き、昼間はレンタカーの軽ワンボックスや軽トラの荷台で寝るという過酷な採集旅行をやっていた過去があり、普通の旅行者は知らない(知る必要ない?)情報を持っています。

 「徳之島で、これだけは食べておけとかある?」を尋ねると「そりゃー、エブリワンのスパム玉子巻きおにぎりと、鶏飯(けいはん)だね」と。
 
 エブリワンは鹿児島や熊本、沖縄など九州のローカルコンビで、徳之島には4店舗がありました。各店舗でお弁当や総菜を手作りして、パンも焼いており、中でもスパムの乗った玉子巻きおにぎりは、島民も狙っているので厳しい争奪戦となり、なかなか買えないという話でした。

 徳之島に着いたら「とりあえず、エブリワン行こうぜ」と空港から一番近い天城にある支店へ。

イメージ 1
 
 店内を見まわすと、事前情報通り沢山の美味しそうなパンやお弁当、惣菜が並んでいます。おにぎりのコーナーの端に目をやると…
 
 
イメージ 2
 
 正式名称は「ポーク玉子巻きおに」らしいです。「大袈裟に言っちゃって何が、なかなか買えないだよ。普通に売っているじゃないか」と思いつつ、みんなで1個づつ買って、景色の良い場所で食べました。


イメージ 3
 
 徳之島では一般的な海苔巻きおにぎりもありますが、薄焼き玉子で巻いたおにぎりもスーパーマーケットや持ち帰り弁当店で売っています。エブリワンの玉子巻きおにぎりはサイズが大きく、焼いたスパムが乗っており、とにかく旨い!島民が売っていたら買うという話も納得です。
 
 ちなみに、我々はたまたまビギナーズ・ラックなだけで、中西さんの言葉どおり、この後、島を離れるまで「ポーク玉子巻きおに」をエブリワンで見ることはなかったです。
 
(続く)